RAYWOOD、ペンタブレットブランド「筆や写楽」より新製品「TSUKISHIRO」を2020年8月10日(月・祝)より先行販売開始

プレスリリース発表元企業:株式会社RAYWOOD
RAYWOOD、ペンタブレットブランド「筆や写楽」より新製品「TSUKISHIRO」を2020年8月10日(月・祝)より先行販売開始



株式会社RAYWOODはペンタブレットブランド「筆や写楽」より「KUMADORI」に続く第二弾ペンタブレットとして「TSUKISHIRO」を2020年8月10日(月・祝)に発売する。初回生産分150個はAmazon.co.jpにてユーザー登録会員限定で販売、予価3,999円(税込)。一般販売は8月下旬を予定。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0ODE1NiMyNTA0NTUjNDgxNTZfVkdxQ1NrRlpndC5qcGc.jpg ]
「筆や写楽」待望のペンタブレット第二弾はいつも一緒にいたくなる、可愛くてお気に入りの一台♪

株式会社RAYWOOD(東京都世田谷区)ではペンタブレットブランド「筆や写楽」より、「KUMADORI」に続くロープライスペンタブレット第二弾として新製品「TSUKISHIRO」を2020年8月10日(月・祝)に先行発売しました。

お陰様でペンタブレット「KUMADORI」が2019年11月に発売後、二度三度と話題になり新ブランドの板タブとしては異例の売れ行きを見せております。その一方で、「KUMADORIは大きすぎるのでもっと小さいサイズの物が欲しい」とのご要望も大変多くのお客様よりいただいておりました。

「KUMADORI」は本体サイズも大きく、イメージカラーも黒に赤、パッケージのビジュアルも男性的でソリッドなイメージでしたので、今回は「月白」と呼ばれる伝統的な日本の和色をモチーフに「KUMADORI」と対になるような小さくて可愛く、持ち運びもしやすいペンタブレットを開発致しました。それが「TSUKISHIRO」です。素敵なパッケージイラストとイメージキャラクターはイラストレーターのミナミさんに描き下ろしていただきました。

尚、今回は持ち歩き用に別売りの「TSUKISHIRO」専用レザーケースも販売。セット内容にはAndroid端末用のOTGアダプタも付属しておりますので、是非いつも貴方のそばに置いてあげて下さい。

家ではKUMADORI、持ち運び用はTSUKISHIRO。デザイナーのママはKUMADORI、ペンタブレットデビューのお子様はTSUKISHIROといった、「KUMADORI」とセットでの2台づかいもオススメです。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0ODE1NiMyNTA0NTUjNDgxNTZfSFN4Y3JCT1RMQi5qcGc.jpg ]
■筆や写楽「TSUKISHIRO」
メーカー希望小売価格:6,980円(税込) 
 
先行発売日:2020年8月10日(月・祝)
先行販売価格:3,999円(税込)

※初回生産分150個は「筆や写楽」ユーザー登録していただいた方を対象に限定販売を予定、先行販売用URLを発売日当日までにメールにて通知

一般発売日:2020年8月下旬予定
一般販売価格:未定


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0ODE1NiMyNTA0NTUjNDgxNTZfYk9lSlBucFN1aS5qcGc.jpg ]
可愛いのに使える、才色兼備な頼れるパートナー

・解像度5080lpi
ペンでタブレット上に描いた線を、モニタ上で滑らかに、精密に再現します。汚くぼやけたり、ギザギザしたりすることはありません。

・8192段階の筆圧感度
筆圧感度とはペンの強弱を読み取る機能。弱く優しく、薄く描いてもしっかり反映されるので、淡く繊細な線やふんわりした優しい塗りもきれいに表現できます。

・読取速度 233PPS
・読取精度 ±0.3mm
1秒間に233回の信号送受信をペンとタブレットの間で行うことで、自然な描き心地に。
ペン先の位置を細かく、正確に読み取ります。紙に描くのと同じ感覚で、ペン先がモニタ内でスムーズに動きます。

・読取可能高さ 10mm
タブレットに下描きを乗せて、上からなぞる(トレース)することも可能です。

・4個のショートカットキー
利き腕とは逆の腕で押しやすい配置にしたショートカットキー。アンドゥ・リドゥなど必要な機能をお好みに応じて登録することが出来ます。下の二つには突起が付いているので触れただけでどこのボタンかすぐにわかります。もちろん設定を変えれば左利きにも対応!


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0ODE1NiMyNTA0NTUjNDgxNTZfRFRsbXZiRGZGVy5qcGc.jpg ]
持ち運びしやすい、小さな机の上でも使えるコンパクトサイズ

白にブルーグレー、そしてまさに「月白色」を表現したほのかなペールブルーの三色で構成されたボディは「TSUKISHIRO」の本体サイズは200 * 166 * 7 mmと「KUMADORI」の約半分。作業領域は160 * 102mm、Android端末での使用時は102 * 63.8mm。Android端末での作業領域は一目でわかりやすいように、板面にドット状で示してあります。OTGアダプタも付属しているのでAndroid端末と共に持ち歩いて、お友達と集まってお絵描きをするのにもぴったりです。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0ODE1NiMyNTA0NTUjNDgxNTZfQ3NiTlJST3poeS5qcGc.jpg ]
主要ペイントソフトのほとんどに対応だから安心

本製品はWindows 7/8/10、 Mac OS 10.12以降、Android OS 6.0以降に対応。
Photoshop(R)、SAI(R)、Painter(R)、Illustrator(R)、Clip Studio(R)、openCanvas(R)、Medibang Paint(R)、ibisPaint(R)などの主要なペインソフトでのご使用が可能です。
※今後ドライバのアップデートでMac OS 10.11への対応も予定しております


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0ODE1NiMyNTA0NTUjNDgxNTZfUnV3V0JDZHRjVy5qcGc.jpg ]
■製品仕様
製品名称:
筆や写楽「TSUKISHIRO」
 
サイズ:
タブレット本体 200 * 166 * 7 mm(重さ246g)
ワーキングエリア 160 * 102 mm(Android端末での使用時:102 * 63.8mm)
接続方法:micro USB
対応OS:Windows 7以降、Mac OS 10.12以降、Android OS 6.0以降

セット内容:
・外箱
・タブレット本体
・スタイラスペン
・ペン用ストラップ
・ペンホルダー(リング)
・替え芯8本
・OTGアダプタ
・USBケーブル
・ポストカード
・説明書
・保証書


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0ODE1NiMyNTA0NTUjNDgxNTZfc2ZSUGJXVU1Cay5qcGc.jpg ]
「筆や写楽」箔押しプリント入り!二色から選べる専用ケース

薄桜(ピンク)・白群(ブルー)
メーカー希望小売価格:各3,980円(税込) 
 
先行発売日:2020年8月上旬予定(「TSUKISHIRO」本体と同時発売)
先行販売価格:各1,980円(税込)

一般発売日:2020年9月上旬予定
一般販売価格:各2,980円(税込)

たくさんのご応募ありがとうございました!イメージキャラクターの名称は「月讀つむぎ」に決定!


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0ODE1NiMyNTA0NTUjNDgxNTZfRWthSlRadEFRTS5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0ODE1NiMyNTA0NTUjNDgxNTZfbnhLbXZ5SVhoQi5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0ODE1NiMyNTA0NTUjNDgxNTZfekRNeU11Y3hrZC5wbmc.png ]
「TSUKISHIRO」及びRAYWOOD・筆や写楽のイメージキャラクター公募企画で「月讀つむぎ」に決定しました!沢山のご応募誠にありがとうございました。今後Vtuber化やノベルティグッズなどでの登場も予定しております。また、ファンアートも大募集。ぜひハッシュタグ「#月讀絵巻」でご投稿ください。これから「月讀つむぎ」をよろしくお願いいたします。


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース