ユニ・チャーム、第36回企業広報賞「企業広報大賞」を受賞

プレスリリース発表元企業:ユニ・チャーム株式会社

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:高原豪久)が、一般財団法人経済広報センター(東京都千代田区、会長:中西宏明、以下「経済広報センター」)が主催する第36回企業広報賞において、「企業広報大賞」を受賞しました。
「経済広報センター」が主催する企業広報賞は、昨年の「企業広報経営者賞」に引き続き、2年連続の受賞となりました。

「企業広報大賞」は、社会から期待され求められているものを見極め、それを経営に反映させるとともに、ステークホルダーに対し、広報活動を通じて企業活動の的確な情報を発信・伝達し、社会に貢献している企業に贈られる賞です。

受賞理由は、以下の通りです。(経済広報センター発表資料を引用)
女性のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上を年度目標に掲げ、世の中へ問題提起をする全社的なプロジェクトを始動。「女性が生理を隠さなくてよい社会をつくる」というメッセージ性が強く社会に受け入れられ、多くのメディアにも取り上げられた。広報部門も、インフルエンサーを活用したSNSを中心とする広報活動や、ユーザーを巻き込んだ商品パッケージのデザイン開発、社内外のステークホルダーとの積極的な対話による理念の浸透など、既存の枠にとらわれない活動への転換が功を奏し、タブー視されていた報道されにくいテーマが、朝のニュース番組や新聞の第一面を飾るなど成果も高く評価された。

当社は、企業理念“NOLA & DOLA”※のもと、赤ちゃんからお年寄り、そしてペットまで、あらゆる世代の人々が共に生きる「共生社会」の実現に向けて、事業活動を行っております。今回の受賞を励みに、事業を通じてすべてのステークホルダーの皆様に対して価値をもたらす正しい経営と広報活動を継続し、持続的な企業価値向上に努めてまいります。

※ NOLA & DOLA:Necessity of Life with Activities & Dreams of Life with Activitiesの頭文字をとったもの。『赤ちゃんからお年寄り、そしてペットまで、生活者がさまざまな負担から解放されるよう、心と体をやさしくサポートする商品やサービスを提供し、お一人おひとりの夢を叶えることに貢献し続けたい』という想いを込めたもの。


■会社概要
社名 :ユニ・チャーム株式会社
設立 :1961年2月10日
本店 :愛媛県四国中央市金生町下分182番地
本社 :東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館
社員数 :グループ合計16,207名(2018年12月)
事業内容:ベビーケア関連製品、フェミニンケア関連製品、
ヘルスケア関連製品、化粧パフ、ハウスホールド製品、
ペットケア関連製品、産業資材、食品包材等の販売


ユニ・チャーム株式会社 ホームページアドレス
http://www.unicharm.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース