爆発物市場、COVID-19の影響による低い成長率、規制の厳格化も抑制要因、一方、防衛部門への各国政府の注力やスマートブラスト技術の導入により、需要拡大に期待

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「爆薬の世界市場 - COVID-19による成長と変化:2020年~2030年」 (The Business Research Company) の販売を8月3日より開始いたしました。

爆発物市場は、爆発物の生産と流通に従事している組織、個人事業主、パートナーシップが獲得した収益で構成されています。爆発物とは、爆発する可能性のある材料、混合物、および化合物を指します。爆薬は大きく2つのカテゴリに分類されます。高爆薬(防衛および軍事用途で使用)と低爆薬(民間用途で使用)です。トリニトロトルエン(TNT)、RDX、および過酸化アセトン(TATP)は、軍事、鉱業、および産業用途の中で最も強力な爆発物です。

世界の爆薬市場は2019年の252億米ドルから2020年には259億米ドルに達し、CAGR 3.08%で成長すると予想されます。低い成長率の原因は、COVID-19の発生による影響に起因しています。サプライチェーン全体が混乱し、市場にマイナスの影響を与えています。その後2023年には、市場は年平均成長率2.3%で回復し、278億米ドルに達すると予想されています。

アジア太平洋が最大市場

爆薬市場は、C4、HMX、PETN、RDX、ダイナマイト、ANFO、その他に分類されます。用途別では、軍事、採鉱、採石、建設、その他に分類されています。

爆発物市場の請負業者は、短中期的にはCOVID-19の発生による影響を受けていません。一方、製造側は、サプライチェーンの混乱による影響を受けています。しかし、パンデミックが発生する以前に、プロジェクトとして割り当てられた予算のおかげで、今後数年間の需要は安定しています。COVID-19パンデミックによる影響で、各国の経済は減速し、建設および鉱業部門からの需要に影響を与えます。

米国、中国、インド、ロシア、英国、フランスなどの、防衛部門の政府支出の急増は、爆発物市場の成長の推進力になると予測されています。たとえば、2020年から2021年の会計年度の場合、インド国防省には中央政府の総予算の15.5%を占める669億米ドル(4兆71 37億8000万ルピー)が割り当てられています。同様に、ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、世界の軍事支出は3.6%増加し、2019年には1兆9170億米ドルに達しました。防衛部門への政府支出の増加により、爆発物の需要が高まると予想されます。

爆発物の製造と使用に関して政府が課した厳しい規制は、爆発物市場の成長を制限すると予想されます。爆発物は環境だけでなく人間にも有害であるため、民間および軍用の爆発物の製造、保管、使用には厳しい規制が課されています。たとえば、コネチカット州議会(CGA)によると、州の爆発物法はCGS 29-349ガイドラインに基づいて建設局(DCS)によって施行されています。DCSは、爆発物の輸送、使用、調達、製造、販売、保管の前に、ライセンスと許可を義務付けています。さらに、カナダ政府は2013年爆発物規制に従って、安全を確保するために、爆発物規制部門に代わってベンダーが発行する購入および所持許可を撤廃しました。

爆薬市場で活動している主要なプレーヤーは、爆薬の環境への影響を減らすためにスマートブラスト(双方向のブラスト制御)を開発し、持続可能で環境に配慮したアプローチを採用しています。例えば、AEL-Intelligent Blasting社は、西アフリカのフランス語圏の鉱山向けにグリーンソリューションを開発する計画を発表しました。2019年7月、同社は、鉱山から発生する廃油を利用した表面乳剤のエコ処方を導入することを発表しており、企業の二酸化炭素排出量を削減するのに役立ちます。スマートブラストのためのグリーンアプローチの導入は、爆薬市場の成長を牽引する重要な要因となっています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc942267-explosives-global-market-report-30-covid-19-growth.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース