猫の孤独死|ビールの空き缶6本と主人を待ち続けた日々が切なすぎる理由

プレスリリース発表元企業:遺品整理クリーンサービス
猫の孤独死|ビールの空き缶6本と主人を待ち続けた日々が切なすぎる理由


数年前までは人間が孤独死という状態で発見されて社会に大きな関心をされている中で人間の身勝手な理由で命を落とすペット(犬・猫)が増え始めていることが残念でなりません。故人の遺品整理から自宅死があった部屋の特殊な清掃までを行う、株式会社ToDo-Company(本社:東京都板橋区、代表取締役:増田祐次)現場レポート


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMyOTg0OSMyNDk5NTUjMjk4NDlfQWdKVGtKdWRvbC5qcGc.jpg ]

誰にもみとられず暮らしていた部屋で亡くなっている人のことを孤独死という表現をする。年間30000人もの人が自宅で異常死という状態で発見されているが、それは人間だけではなくなってきている。

【本記事】猫の孤独死|ビールの空き缶6本と主人を待ち続けた日々が切なすぎる理由 
https://www.shobunya.com/neko-lonry


数年前までは人間が孤独死という状態で発見されて社会に大きな関心をされている中で人間の身勝手な理由で命を落とすペット(犬・猫)が増え始めていることが残念でなりません。

 終息する気配を見せないコロナ禍で、急に入院となれば2週間は帰宅できない恐れもある。そんな時に我が子同然のペットをお世話してくれる友人などはいるだろうか。

メイン記事
不倫による飼育放棄で猫が白骨状態になるまで発見できなかった理由


特集
年齢は若くやさしい女性や高齢者の時間がある人が多頭飼いにおちいりやすい。
 ・多頭飼い崩壊による猫の死亡
 ・高齢者の多頭飼い崩壊
上記の2つの例を詳しく紹介


この記事では「猫の孤独死」についてなぜ、そのようになってしまったのか、そこに至った背景などを詳しくお伝えし現代の社会の現実を知ってもらうことと、命を無駄にしないことをお伝えできればと思っています。

 年間400件以上の現場をこなす女性の遺品整理専門家:小島美羽(こじまみう)も猫の多頭飼い崩壊現場で肩を落とす状況に遭遇。

遺品整理の専門家として活動し、情報を細かくそして発信すること詳しく発信することで結果から読み取れる過程がわかっていただければ命の大切さは人間だけではないということに気づきが得られるのではないかと思っています。

本記事には猫が孤独死という最後を迎えてどのようになってしまったかを記事下に掲載してあります。

本記事URL:https://www.shobunya.com/neko-lonry


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク