ドローン配送サービス市場、即日配送の需要、遠隔地の医療品供給、非接触型配送の必要性などが成長要因 ドローンの精度に対する懸念が抑制要因

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ドローン配送サービスの世界市場 - 分析と予測:2023年~2030年」 (BIS Research Inc.) の販売を7月31日より開始いたしました。

ドローン配送サービスの市場規模は、2023年から2030年まで、CAGR 14.5%で成長すると予測されています。2023年にはアジア太平洋地域が全体の39%のシェアを占め、なかでも、中国、日本、シンガポール、韓国などが主要国となっています。北米では、ラストマイルの高速配達の需要が高まっていることから、2023年には米国が大きな市場シェアを獲得すると予想されています。

ドローン宅配サービス市場は、世界的な即日配送の需要の高まり、遠隔地での医療品供給の必要性、衛生面での非接触型配送の急増などから、重要性を増しています。一方、消費者のドローンの精度に対する懸念が、市場の成長を抑制しています。

ドローン配送サービス市場の主要プレーヤーは、収益生成、地理的存在感、関連する企業プロジェクトに基づいて分類されています。

世界のドローンデリバリーサービス市場の主要企業

世界のドローン配送サービス市場の主要プレーヤーは、セブン-イレブン、エアバスSAS、アリババ、アマゾンプライムエア、ボーイング、チーター・ロジスティクス・テクノロジー、DHLインターナショナルGmBH、ドローンデリバリー・カナダ・コーポレーション、Flirtey、FlyTrex、ウィング・アビエーション・エルエルシー(アルファベット)、マナエアロ、マッターネット社、楽天ドローン、スカイカート社、Uberテクノロジーズ社、ユナイテッド・パーセル・サービス、Zipline、Zomatoなどがあります。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/bis941004-global-drone-delivery-service-market-focus-on.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース