ユニ・チャーム、「FTSE4Good Index Series」及び「FTSE Blossom Japan Index」構成銘柄に2年連続で選定

プレスリリース発表元企業:ユニ・チャーム株式会社
UC画像01

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:高原豪久)は、FTSE Russell社がESG投資※1のために開発した「FTSE4Good Index Series」※2及び、日本企業に特化したESG投資※1の株価指数「FTSE Blossom Japan Index」※3構成銘柄に、2年連続で選定されました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/220659/LL_img_220659_1.png
UC画像01
「FTSE4Good Index Series」※2はロンドン証券取引所100%出資のFTSE Russell社が開発した、ESGの観点から優れていると判断された企業の株式で構成された株価指数で、ESGに着目した投資ファンドや金融商品の作成、評価に広く利用されています。
「FTSE Blossom Japan Index」※3は日本企業に特化した同社のESG投資の株価指数で、世界最大規模の年金運用機関である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資の運用にあたり採用しています。

当社が掲げる企業理念“NOLA&DOLA”※4のもと、あらゆる世代の人々が相互扶助を通じていつまでも自分らしく暮らし続けられる「共生社会」を実現することを目指し、環境問題・社会課題への対応および企業統治の強化といったESGを踏まえたサステイナブルな経営の推進と、事業展開の取り組みを評価していただいたと考えております。

※1 ESG投資とは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に配慮している企業を重視・選別して行う投資のことで、企業の持続的成長や中長期的収益につながるとして重視されているもの。
※2 「FTSEラッセル(FTSEインターナショナル・リミテッドとフランク・ラッセル・カンパニーの取引名)」は、当社がFTSE4Good基準満たし、FTSE4Goodインデックスシリーズの構成銘柄となった証。世界的なインデックスプロバイダーFTSEラッセルによって作成されたFTSE4Goodインデックスシリーズは、環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を行う企業のパフォーマンスを測定するために設計されたもの。FTSE4Goodはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用される。
※3 FTSE Russell(FTSE International LimitedとFrank Russell Companyの登録商標)は、当社がFTSE Blossom Japan Index基準に満たし、本インデックスの構成銘柄となった証。FTSE Blossom Japan IndexはグローバルなインデックスプロバイダーであるFTSE Russellが作成し、環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を行う日本企業のパフォーマンスを測定するために設計されたもの。FTSE Blossom Japan Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用される。
※4 NOLA&DOLA:Necessity of Life with Activities & Dreams of Life with Activitiesの頭文字をとったもの。『赤ちゃんからお年寄り、そしてペットまで、生活者がさまざまな負担から解放されるよう、心と体をやさしくサポートする商品やサービスを提供し、お一人おひとりの夢を叶えることに貢献し続けたい』という想いを込めたもの。

(関連サイト)
・「FTSE4Good Index Series」 https://www.ftserussell.com/products/indices/FTSE4Good
・「FTSE Blossom Japan Index」 http:/www.ftse.com/products/indices/blossom-japan-jp


■会社概要
社名 :ユニ・チャーム株式会社
設立 :1961年2月10日
本店 :愛媛県四国中央市金生町下分182番地
本社 :東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館
社員数 :グループ合計16,207名(2018年12月)
事業内容:ベビーケア関連製品、フェミニンケア関連製品、
ヘルスケア関連製品、化粧パフ、ハウスホールド製品、
ペットケア関連製品、産業資材、食品包材等の販売


ユニ・チャーム株式会社 ホームページアドレス
http://www.unicharm.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース