サイバーリンク、監視ソリューションプロバイダー LILIN社と戦略的提携を締結

プレスリリース発表元企業:サイバーリンク株式会社

~FaceMe(R) を採用し、非接触型の入退出管理と訪問者分析を提供~



台湾 台北(2020年7月28日)CyberLink Corp.(5203.TW)(本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク)は、本日、監視ソリューションプロバイダーの Merit LILIN Ent. Co., Ltd.(以下 LILIN)とパートナーシップを結び、サイバーリンクの顔認証技術を活用して、包括的なスマートセキュリティ、およびリテールソリューションを構築したことを発表しました。サイバーリンクは同社の顔認識エンジン「FaceMe(R)」を LILIN にライセンス供与し、LILIN の NAV 顔認識レコーダーに採用することで、オールインワンのスマートセキュリティ、データ分析、警報ソリューションを構築します。

[画像: https://prtimes.jp/i/5271/92/resize/d5271-92-844071-0.jpg ]


顔認識技術を組み合わせることで、LILIN のコネクテッド・ビデオ・デバイスは、オプトイン写真認証システムを介して、オフィス、工場、住宅内の制限区域への認証済み職員のアクセスを許可するなど、一連の非接触型ソリューションを企業に提供することができます。また、この新製品は、小売業者やホスピタリティ・オペレーターに匿名化された顧客属性を提供し、特定のアクティビティに参加したり、会場の特定エリアを訪れたりした際に顧客が感じる傾向のある感情を特定するなど、顧客体験をよりよく理解するための情報を提供します。

新型コロナウイルスが世界中で拡大し続ける中、非接触型ソリューションを求める企業に対して、サイバーリンクと LILIN による顔認証システムは、ID カードや PIN パスワードを生体認証に置き換えることで、人々が頻繁に同じ部分に触れる必要性を減らすための基盤となる技術を独自に提供します。

サイバーリンク最高経営責任者(CEO)ジャウ・ホァン博士(Dr. Jau Huang)は以下のようにコメントしています。「研究と技術改革を続けるに値する分野があるとすれば、それはセキュリティです。LILIN は IoT デバイスの世界的なリーダーであり、サイバーリンクはコネクテッドデバイス用の顔認証アプリケーションを開発する世界的なパイオニアです。私たちは共に、顧客にさらなる安全と、ビジネスをよりスマートにする新技術を市場に投入することで、安全な場所を実現するための新たな基準をつくります。」

LILIN の社長であるC.C. Hsu氏は以下のようにコメントしています。「LILINは長年にわたるスマートセキュリティの経験により、包括的なインテリジェントセキュリティソリューションを構築するための市場ニーズを見抜く洞察力があります。LILIN はサイバーリンクと提携し、FaceMe(R) を当社の顔認証システムに統合することで、スマートリテール、スマートヘルスケア、スマートファクトリー、スマートビジネスアプリケーションを強化できることを嬉しく思います。今後も継続的な取り組みを通じて、グローバルなお客様に最先端のトータルセキュリティソリューションを提供できると確信しています。」

FaceMe(R) のエッジベースのアーキテクチャは、クラウドベースのソリューションと比較して、効率的な処理と高レベルのセキュリティを実現します。Windows、Android、iOS、および Ubuntu x86、Ubuntu ARM、RedHat、CentOS、Yocto、Debian、JetPack などの様々な Linuxディストリビューションを含む10以上の OS をサポートしています。FaceMe(R) の精度、柔軟性、安全性は、現在市場で利用可能な顔認識エンジンの中でも非常に優れているエンジンであり、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の顔認識ベンダーテストでは、世界的に高精度の顔認識エンジンの 1 つとして評価されています。


■LILIN について
LILIN は IP カメラ、録画機器、ソフトウェアの世界的なメーカーであり、「創造性」「進歩」「卓越性」の理念を掲げています。LILIN のカメラとサーバーは、幅広いアプリケーションにネットワーク監視ソリューションを提供します。40 年前に台湾の台北で設立され、現在では世界に 11 の支店を展開しています。LILIN は 50 社以上のソフトウェアおよび統合パートナーとの強固な関係を誇りに思っており、ONVIF に準拠した最初のカメラ会社として認められています。
詳細については、www.meritlilin.com をご覧ください。


■サイバーリンク株式会社について
1996年に設立。台湾に本社を置くマルチメディアソフトウェアと AI 顔識別技術の世界的リーダーです。デジタルコンテンツの創作、マルチメディアコンテンツの再生、AI 顔認識エンジンなどの多岐にわたるソリューションの開発を行っており、マルチメディアからスマートリテールなどのニーズに応えています。 コンシューマー向け映像・写真編集ソフトウェア製品は、欧米をはじめ世界各国で、プロの映像制作者から一般クリエイターまで数億のユーザーを獲得しています。

日本法人であるサイバーリンク株式会社は、1998年に設立。日本のマーケットに向け、マルチメディア関連ソフトウェアの開発・販売を手がけ、主力人気商品の動画再生ソフト「PowerDVD」、ビデオ編集ソフト「PowerDirector」などは多くのユーザーに支持されています。

映像の品質に大きく影響するコーデックを中心とした多数の特許を持ち、最先端の技術への対応や使いやすさを追求した製品を開発することを目指し、この技術力をもとにして、新たに顔認証システム「FaceMe(R)」を開発。セキュリティシステム、個人認識・個人認証に最適なソリューションを提供することを通して、新しい「暮らし方」を創造しています。

サイバーリンク株式会社についての詳細は公式HPをご覧ください:jp.cyberlink.com


■本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変わる可能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をサイバーリンク株式会社が保証するものではありません。

ここに記載されたすべての会社名と製品名は認識目的でのみ使用され、それぞれの所有者の財産です。
Copyright 2020 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース