【ダイキン】 WEBセミナー「コロナ禍における“熱中症対策”と“上手な換気の方法”」を開催

プレスリリース発表元企業:ダイキン工業株式会社


WEBセミナー開催中の様子




ダイキン工業は、夏本番に向けて、会員サイト「CLUB DAIKIN」※の登録者を対象としたWEBセミナー「コロナ禍における“熱中症対策”と“上手な換気の方法”」を7月21日に開催しました。本セミナーでご紹介した内容を一人でも多くの人に知ってもらうために、本日7月22日にダイキン工業公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/c/daikinjp)にて、セミナーの動画を一般公開しました。



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=nuv6dzGOC94


画像 : https://newscast.jp/attachments/FNtyUPbtRB3tHAlYOcON.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/Qn6rmjGl7j0UW4V0fIIn.jpg
WEBセミナー開催中の様子


画像 : https://newscast.jp/attachments/Np39cDyLS28c0qh4AcQU.jpg


本セミナーでは、熱中症の専門家である帝京大学医学部附属病院 高度救命救急センター長・三宅康史先生をゲストに迎え「コロナ禍における熱中症対策」について解説してもらいました。そして、当社から「上手な換気」と「電気代を抑えるエアコンの冷房運転」のポイントについて、実演映像などを用いて紹介しました。
今回のWEBセミナーは、コロナ禍で大人数のイベントが開催できない中で、より多くの一般生活者の方々に対して、双方向で情報をお伝えする機会を設けたいとの思いで企画をしました。
参加者の募集を開始してすぐに定員に達し、当日は全国から189名が参加しました。質疑応答の時間には「マスク着脱の目安はどのように考えればよいですか?」や「除湿(ドライ)運転と冷房運転はどちらが節電になりますか?」など、時間内にすべての質問に答えることができない程、多くの質問が寄せられ、今夏の過ごし方への関心の高さがうかがえました。
コロナ禍において、当社には、換気に関する数多くの問い合わせが来ており、「空気で答えを出す会社」を掲げる企業として少しでも生活の役に立つため、これまで様々な活動に取り組んできました。緊急事態宣言の発令中には、住宅やオフィス・店舗の換気法を紹介するWEBコンテンツ「上手な換気の方法」を公開し、SNSなどでも好評を得ています。また、換気機器の使い方やメンテナンス方法など、より専門性の高い情報を発信するWebサイト「おしえて空気ナビ」も公開しました。さらに、Webサイトの情報だけでは困りごとを解決できないユーザーや建物のオーナーから具体的な相談をメールや電話で受け付ける「空気の相談窓口」も立ち上げています。
当社はこれからも「空気で答えを出す会社」として、安心で快適な空気を世界中に届けるとともに、空気の新たな可能性を追求し続け、空気の大切さを広く伝えていきたいと考えています。
※購入したダイキン製品をマイページで一括管理したり、製品のお手入れ法や生活に役立つ情報を入手したりすることができるサイト






★20200722_WEBセミナー開催ニュースレター.pdf


: https://newscast.jp/attachments/Q6shEgy0ExJEVhP30pSC.pdf




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告