ふるさと本舗、Amazonギフト券が当たる特別キャンペーンを開催!

プレスリリース発表元企業:株式会社ふるさと本舗



https://voyagegroup.com/news/press/01_20200715_01/

画像 : https://newscast.jp/attachments/FXSc8olEfczxBXKZas0x.JPG


株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、特産品ポータルサイト「ふるさと本舗」( https://furusatohonpo.jp/ )を運営する株式会社ふるさと本舗(東京都渋谷区、代表取締役CEO:船方 翔馬)は、2020年7月15日から2020年8月31日の期間中に、「ふるさと本舗」にて合計3万円以上の寄付を行った方を対象に、10名様に20,000円分、30名様に15,000円分、50名様に10,000円分のAmazonギフト券が抽選で当たる「特別キャンペーン」( https://furusatohonpo.jp/donate/campaigns/?i=amazonpresent2007 )を開催します。
■「ふるさと本舗 特別キャンペーン」概要
・キャンペーンページ:https://furusatohonpo.jp/donate/campaigns/?i=amazonpresent2007
・内容:期間中「ふるさと本舗」にて合計3万円以上の寄付を行った方を対象に、10名様に20,000円分、30名様に15,000円分、50名様に10,000円分のAmazonギフト券を、抽選でプレゼントいたします。
・期間:2020年7月15日から2020年8月31日まで
・プレゼント時期:2020年9月末頃
※下記の場合は本キャンペーン対象外となります。予めご了承ください。
 1.寄付の際に会員登録・ログインをしていなかった場合
 2.ギフト券の付与前に退会された方、会員規約に違反された方
 3.ふるさと本舗に既に会員登録されていた方
※Amazon ギフト券の転売は禁止されていますので、ご注意ください。
※止む得ない事情により、キャンペーン内容が変更となる可能性がございます。
※本キャンペーンは株式会社ふるさと本舗による提供です。本キャンペーンについてのお問い合わせは Amazon ではお受けしておりません。
※お問い合わせは、株式会社ふるさと本舗キャンペーン事務局( https://support.furusatohonpo.jp/hc/ja/requests/new )までお願いいたします。
※Amazon、Amazon.co.jp およびそれらのロゴは Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
「ふるさと本舗」は、ふるさと納税を通じた自治体への寄付ができる、全国の美味しい特産品に特化したポータルサイトです。ふるさと納税制度をきっかけにした、自治体・事業者・寄附者の継続的な関係構築を支援し、関係人口(※)の創出・地域活性化に取り組んでいます。今後も、さらなる機能改善や賛同して下さる自治体の拡充を行うとともに、ユーザーの要望を取り入れつつ、自治体と共同で、ふるさと本舗オリジナル返礼品なども進めてまいります。
■「ふるさと本舗」( https://furusatohonpo.jp/ )の特長
1)全国の美味しい特産品に特化
2)定期便が充実
3)分かりやすい控除シミュレーション機能
※)関係人口:移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域と多様に関わる人々を指す言葉です。地方圏は、人口減少・高齢化により、地域づくりの担い手不足という課題に直面していますが、地域によっては若者を中心に、変化を生み出す人材が地域に入り始めており、「関係人口」と呼ばれる地域外の人材が地域づくりの担い手となることが期待されています。
地域への新しい人口『関係人口ポータルサイト』:https://www.soumu.go.jp/kankeijinkou/index.html  
【株式会社ふるさと本舗】 https://furusatohonpo.jp/ 
資本金:5,000万円(資本準備金含む)
設立日:2018年2月1日
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15F
代表取締役CEO:船方 翔馬
事業内容:ふるさと納税ポータルおよびECサイトの開発、運営




【報道関係者お問い合せ先】 
株式会社CARTA HOLDINGS 広報室
お問い合わせフォーム : https://cartaholdings.co.jp/contact-pr/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース