2020-07-14 10:00:00

「こえ」が録音できる「MAG録音機能付き目覚まし時計」をMakuake(マクアケ)にて7月13日より先行予約販売開始! ~歳を重ねた親世代へ贈る世界で1つだけの時計~

プレスリリース発表元企業:ノア精密株式会社
こえの時計_MAG録音機能付き目覚まし時計

使用用途(1)

使用用途(2)

オリジナルブランドによるインテリアクロックをはじめとした時計・計器類の企画・製造・販売を行うノア精密株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:岸 源一)は、2020年7月13日(月)より、株式会社マクアケが運営するクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて、「MAG録音機能付き目覚まし時計」の先行予約販売を開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/218589/LL_img_218589_1.jpg
こえの時計_MAG録音機能付き目覚まし時計

■開発背景
「時計」は記念品・メモリアル品として選ばれることの多いアイテムです。実用性はさることながら、イベントや思い出は「時」「時間」との親和性が高く、その時の思いや出来事を容易に思い出させてくれます。
最近ではスマーフォンでご自身の親へ、子供や孫、ペットの写真・動画を簡単に送ることができます。またそれをご覧になった祖父母世代の方はとても楽しまれ喜んでいる姿が思い浮かびます。
しかし届いた写真や動画データを自分なりに管理したり、昨今の便利なモノやサービスを自由に使いこなしつつ、いつでも目当てのデータにアクセスできる祖父母世代の方はまだまだ多くはないように感じます。また上記のような便利なモノやサービスを用意してあげても、年を重ねた祖父母世代にとって目新しいことは苦手意識が先行してそのまま使わない、分からないまま諦めるケースも多々あるように思います。

そこで普段の生活において、大切なヒトの「こえ」を楽しみながら使い慣れた時計であればいつも身近に感じながら使ってもらえるのではないか?と考え「音声」を録音できる時計を開発しました。

世界にひとつだけのものでありながら、祖父母世代の方をはじめどの世代にも使い慣れたデザインや操作性の親しみある置き時計です。また目覚ましアラームも利用することができるため実用性は抜群です。

録音は上書きできるので、帰省のたびに新しく吹き込んだり、家族が集まった時にみんなのこえを吹き込んだりして長く楽しめます。その時、その瞬間の「こえ」には写真や動画とは違った自分だけの記憶、心の中のメモリアルがよみがえるのではないでしょうか。


■商品特徴
・ボタンを押して録音するだけの簡単仕様
・約30秒間録音できるので長めのメッセージでもOK
・直接音声を吹き込むだけなので特別な器具は必要なし
・録音に失敗しても何度でもやりなおせます
・録音された音声をうっかり消去してしまうことのないよう設計にも配慮しました
・録音した音声はモニターボタン1つで、いつでも確認できます
・また録音した音源は、通常の目覚まし時計として毎朝のアラーム音に利用可能


■商品概要
製品番号 :T-756 WH-Z
製品名 :MAG録音機能付き目覚まし時計
製品サイズ:114×135×45mm
製品重量 :205g
機能 :連続秒針、録音音源/電子音アラーム切替式、置掛両用タイプ
主材 :枠/ABS樹脂、風防/アクリル樹脂
推奨電池 :単3形マンガン乾電池×3 (別売)
付属品 :取扱説明書・保証書
生産国 :中国


■販売概要
実施期間 : 2020年7月13日(月)~9月14日(月)
販売サイト : クラウドファンディングサイトMakuake
( https://www.makuake.com/ )
一般販売予定価格: 3,960円(税込)
※最大30%割引より販売(数量限定で割引率に変動有)
プロジェクトURL : https://www.makuake.com/project/koenookurimono/


■本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ノア精密株式会社
〒111-0042 東京都台東区寿1-6-7 ユーハイツ伸光3F
TEL:03-3841-9507
FAX:03-3841-9987


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース