<新製品>もの作り企業向け 測定圧力をX-Y方向で約40%、Z方向で約50%減少を実現した「低接触圧プローブIRP40.02-LF」8/3より国内販売開始

プレスリリース発表元企業:株式会社キャプテンインダストリーズ
低接触圧プローブIRP40.02-LF イメージ写真-1

低接触圧プローブIRP40.02-LF イメージ写真-2

世界各地から主に工業・産業用機械部品や各種ツール・ソフトウェアを輸入販売する株式会社キャプテンインダストリーズ(東京本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:山下 宏)は、ワーク表面に接触する測定球の圧力を、X-Y方向で約40%、Z方向で約50%減少(従来品比)を実現した仕上げ面の測定をサポートするドイツHexagon社の「低接触圧プローブIRP40.02-LF」を2020年8月3日(月)から国内販売を開始いたします。当社販売網をいかし工作機械メーカー、自動車メーカー、をはじめとするもの作り企業をターゲットに初年度100システムの販売を目指します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/218649/LL_img_218649_1.jpg
低接触圧プローブIRP40.02-LF イメージ写真-1

■開発の背景
昨今は、精密切削仕上げ面、研削仕上げ面、金型自由曲面仕上げ面等、高精度な面仕上げを施したワークをプローブを使って測定し、そのデータを生産に活かす機上計測が増加しています。しかし従来品のプローブ(標準、高精度)を使った測定では、測定球をワークに接触させてタッチ信号を出力する時に接触圧力で微小な圧痕が残る場合や、柔らかい材料では塑性変形を引き起こす可能性がありました。そこで測定圧力を従来品比較でX-Y方向で約40%、Z方向で約50%減少した「低接触圧プローブIRP40.02-LF」を開発いたしました。
また、当社が販売する機上計測ソフト「Hexagon m&h NCゲージ」等と組み合わせることで、より簡易で高精度な機上計測が可能になります。


●低接触圧プローブIRP40.02-LF
https://www.capind.co.jp/product/detail.php?id=208

●商品概要
https://www.capind.co.jp/product/detail.php?id=208#section01


■その他の商品特長
1. Zクラッシュ検知
外観では認識できないZ方向のオーバートラベル(行きすぎる量)を検知し青色LEDでお知らせ。

2. ITE高速移動テクノロジー
タッチ信号を正確に判断し、50m/minの速度までスキップ送りができます。

3. 耐ノイズ性を向上
ノイズを検知するパルス量とマージンを増やし耐ノイズ性が向上しました。

4. 800時間の電池寿命
1回/2秒のタッチサイクルで、連続計測800時間の電池寿命。


■商品仕様(テクニカルデータ)
https://www.capind.co.jp/product/detail.php?id=208#section02
仕様詳細は上記URLを参照ください

【出荷開始】 2020年8月3日(月)
【販売目標】 初年度100システム
【販売価格】 非公開


■会社概要
社名 : 株式会社キャプテンインダストリーズ
所在地: 〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-8-8 キャプテンビルディング
代表者: 代表取締役社長 山下 宏
資本金: 9,800万円
URL : https://www.capind.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告