新型コロナウイルス感染症予防に有用な本格的フェイスシールドを約100円から作れる フェイスシールド用フレーム「Face Tech」を開発、供給開始のお知らせ

プレスリリース発表元企業:株式会社ソディック

金属3Dプリンタ金型技術で冷却・成形サイクル時間を大幅に短縮、短期大量生産が可能

株式会社ソディック(https://www.sodick.co.jp)では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防に有用な本格フェイスシールドを約100円から作れる、今までにない低コストを実現するフェイスシールド用フレーム「Face Tech(フェイス・テック)」を開発、7月中旬より本格的に供給を開始いたします。

本製品は3つのパーツでフレーム部を組み立てるもので、シールド部は市販されているA4/B4クリアファイル、ラミネートフィルムやクリアポケット等といった文具・日用品にパンチ穴をあけたものを付属のクリップ(市販のダブルクリップ等でも代用可)で固定するだけで完成します。
フレーム部は樹脂製で、当社金属3Dプリンタ技術を駆使した自社製金型を使った高い成形精度によるなめらかな形状と質感で優れた装着感が特長です。シールド部は簡単に取り外して交換・廃棄可能な構造としているため、とても衛生的です。



株式会社ソディック(https://www.sodick.co.jp/)では、CSR活動の一環として、今後、医療関係・各種公共機関はもとより、社会を活気づける上で欠かせないスポーツ関連の施設や団体などに無償提供を予定(数量限定)するほか、製造原価のみの1個あたり90円程度(税込・送料別)で供給していきます(フレーム部のみ、シールド部は別途必要)。すでに量産試作に入っており、7月上旬からは弊社のグループ会社(株)ソディック エフ・ティの宮崎事業所で月産10万個レベルでの供給可能な体制となります。

フェイスシールド用フレーム「Face Tech」は、軽量で収納もかさばらないため、業務用途以外にも常時携帯して社内や出先でのミーティング用に、コンサートやスポーツ観戦のお供にといった様々な活用シーンを想定しています。シールド部は自由に選べるため、お気に入りのデザインのクリアファイルやシールを貼って楽しめます。また、フレーム部には左右両方にオリジナルでロゴも入れられるため(受注生産)、団体名やマークなどカスタマイズ可能です。そのため、ノベルティ商品、ご当地デザインのシールドをセットにしたお土産品といった幅広い展開も可能と考えています。
[画像: https://prtimes.jp/i/61206/2/resize/d61206-2-620381-0.jpg ]


弊社では金属粉末にレーザー光を照射することにより溶融し、仕上げ加工まで連続して行える「金属3Dプリンタ」を幅広くラインアップ、従来の切削では不可能な最適化された冷却配管内蔵のプラスチック成形用金型や複雑な意匠デザインによる部品などで、高精度・高品位な加工性能を実現しています。今回、「金属3Dプリンタ」技術を応用して、新型コロナウイルス感染症予防に有用なフェイスシールドを短期間で大量にかつ誰でも手軽に使える低コストで供給出来ないかと、開発したのがフェイスシールド「Face Tech」です。金型の3D冷却配管構造により冷却時間50%短縮、成形サイクル時間20~50%短縮することで、短時間大量生産による超低コスト化を実現しました。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース