2020-07-08 10:00:00

日本語学校向けクラウド留学生管理システム「WSDB」がIT導入補助金2020に登録。7月末、8月末締切りのいずれかで補助金が活用可能

プレスリリース発表元企業:株式会社One Terrace
日本語学校向けクラウド留学生管理システム「WSDB」がIT導入補助金2020に登録。7月末、8月末締切りのいずれかで補助金が活用可能

日本語学校向けクラウド留学生管理システム「WSDB」がIT導入補助金2020に登録。7月末、8月末締切りのいずれかで補助金が活用可能

日本語学校向けクラウド留学生管理システム「WSDB」がIT導入補助金2020に登録。7月末、8月末締切りのいずれかで補助金が活用可能


株式会社One Terrace(本社:東京都千代田区、代表取締役 石中 達也、以下「当社」)が販売し、東和ソリューションエンジニアリング株式会社(本社東京都:東京都足立区、代表取締役 反町 長禄、以下「TSE」)が開発する留学生向け学生管理システム「WSDB」が、独立行政法人中小企業基盤整備機構の採択する「サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金(以下「IT導入補助金2020」)に登録されました。この度、新たに補助金募集の追加スケジュールが公表されましたのでお知らせいたします。

IT導入補助金2020」は、中小企業がITツールを導入する際に利用できる補助金制度で、A類型、B類型は支払いの1/2、C類型は支払いの3/4が補助される仕組みです。

法務省告示校の日本語学校は、運営主体が株式会社や学校法人などの法人格にかかわらず、補助金制度の規定で中小企業と認められる場合には、当該補助金の申請が可能です。また、「WSDB」のようなクラウド製品の導入には審査の加点対象となります。

また、IT導入補助金2020の申請手順は、交付決定後にシステム契約及び支払いとなるため、システム契約後に補助金の審査に通らないといったリスクが避けられる仕組みです。

<IT導入補助金2020の類型と主な申請締切日>

A類型、B類型
・6次締切(2020年7月31日)
・7次締切(2020年8月31日)

C類型
・5次締切(2020年7月31日)
・6次締切(2020年8月31日)

IT導入補助金2020
https://www.it-hojo.jp/


「WSDB」は、クラウド型の学生管理システムで、現在、国内の日本語学校・専門学校・大学など約60の教育機関で活用されている留学生管理システムです。

煩雑なビザ申請等の書類申請手続きを簡易化し、また、ネット通信環境があれば業務が遂行できるため、新型コロナウイルス(COVID-19)対策としてテレワークを導入する日本語学校でもストレスなく業務を推進できるシステムで、業務の大幅な効率化がはかれます。

また、個人情報漏洩リスクを最小限に抑えるため、セキュリティは3段階で設定ができ、筐体ごとの制限が可能となります。

<WSDBの主な機能>
製品の詳細はこちら。https://wsdb.jp/

■留学申請者管理機能
留学希望者の情報を管理し、入学願書、在留資格認定証明書交付申請書、入国管理局毎の申請者名簿(申請者リスト)、経費支弁書、入学許可書、資格外活動許可申請書(上陸)
を出力可能です。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NDg1OCMyNDc5MDcjNjQ4NThfUmVRblBza2ZEZi5QTkc.PNG ]

■学生管理機能
 学生の在籍状態、入国日、入学日、卒業予定日、卒業日、ビザ情報、アルバイト情報、エージェント情報などを管理できます。
 学生の氏名に関してはローマ字、漢字、現地語、ニックネームという4種類で入力や検索ができます。
 また、入学前から留学生の情報を個人カルテ機能で把握できます。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NDg1OCMyNDc5MDcjNjQ4NThfTndBQmxRdHZrdi5QTkc.PNG ]


■出欠管理機能
 学生の出欠をPCまたはタブレットで直接入力し、リアルタイムで集計し確認することができるため、「いつ休んだか」も簡単に確認することができます。

■成績管理機能
 試験結果の入力と、成績評価の登録ができます。入力した内容は、試験結果通知や、成績・出席証明書として出力できます。

■面談管理機能
 学生の面談記録を残すことができます。d談内容はカテゴリごとに分類され、検索で取り出すことが出来ます。

■報告書作成機能
 『中長期受入届(紙、オンライン対応)』、『出席率が5割を下回った生徒に係る日本語教育機関からの報告』、『全ての生徒の6か月間の出席率に係る日本語教育機関からの報告』に対応済みです。

■エージェント情報登録機能(日・英・中(簡)・韓・越 5言語対応)
 エージェントにIDとパスワードを付与することで、エージェント専用ページが作成され、申請者の情報を入力することができるようになります。入力内容は途中でも、学校側で確認できるので、サポートしながら申請作業することも可能です。

■スマホID(申請者)発行機能(日・英・中(簡)・韓・越 5言語対応)
 申請者にアプリケーションをダウンロードさせ、学校から発行するID、パスワードを入力すると申請に関わる情報をスマホから入力できるようになります。入力内容は途中でも、学校側で確認できるので、サポートしながら申請作業することも可能です。

■申請情報エクセル取込機能
 システムからダウンロードできる申請書(エクセル)に記入してもらうことで、申請者の情報を取り込む事ができます。

■書類アップロード、ダウンロード機能
 申請者ごとに、書類の原本、翻訳文のファイルをアップロードできます。原本郵送前のチェックに使う資料を学校と複数の担当者で共有することができます。

<会社概要>
●株式会社One Terrace
One Terraceは、「世界を越えて人々を繋ぎ、輝く機会をつくる」ことを理念に、2016年8月ベトナムで創業しました。2017年4月に日本法人を設立後、2019年5月にミャンマー法人も設立し、ベトナム、ミャンマーで日本語教育を行うとともに、アジア諸国から日本への就業支援を行う事業を手掛けております。
また、就労ビザの取得・管理を簡易化し在留資格許可率を高める人事管理システム「Work Visa」を開発、外国人雇用の促進に向け、知識不足による誤った雇用のリスクを軽減し、行政書士との連携も行えるサービスの提供をしております。
これからも、海外での日本語教育・就業支援、企業研修など外国人社員が日本で活躍する為のプラットフォームの開拓者でありたいと考えております。

会社名  株式会社One Terrace
代表者  代表取締役 石中達也
設 立  2017年4月7日
資本金  4,625万円
所在地  東京都千代田区九段北1丁目6-5
有料職業紹介  許可番号12-ユ-309282
登録支援許可番号  申請番号 19登東労三-000517
URL  https://oneterrace.jp/


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース