数検の公式サイトを7月7日に4年ぶりにリニューアル スマートフォンやタブレット端末での使いやすさを重視 算数・数学の学習に役立つ「知る・楽しむ」を新設

プレスリリース発表元企業:公益財団法人 日本数学検定協会
リニューアルした公式サイト トップページ(左:公益財団法人 日本数学検定協会公式サイト、右:実用数学技能検定公式サイト)

公益財団法人 日本数学検定協会公式サイト トップページ

実用数学技能検定公式サイト トップページ

公益財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水 静海、以下「当協会」)は、日本数学検定協会と実用数学技能検定(数学検定・算数検定)の公式サイトを2020年7月7日(火)にリニューアルして公開いたしました。公式サイトのリニューアルは、2016年4月以来4年ぶりです。今回のリニューアルにより、モバイル端末での操作性が向上し、よりスムーズに情報の閲覧ができるようになりました。また、日ごろの算数・数学の学習に活用いただけるよう、算数・数学を楽しめるページとして「知る・楽しむ」を新設しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/218041/LL_img_218041_1.png
リニューアルした公式サイト トップページ(左:公益財団法人 日本数学検定協会公式サイト、右:実用数学技能検定公式サイト)

■モバイル端末での操作性や読みやすさを向上させ、より使いやすいWEBサイトへ
モバイル端末(スマートフォン・タブレットなど)の普及により、当協会の公式サイトの閲覧者のうち、モバイル端末の使用率は年々増加し、現在では7割を超えています。しかし、これまでの公式サイトは、パソコンでの閲覧を優先したつくりだったため、モバイル端末での閲覧に適していない部分が多々ありました。今回のリニューアルではその問題を解決するため、モバイル端末での操作性や読みやすさを向上させ、より使いやすくすることを目的といたしました。
具体的には、フラットデザインを取り入れ、シンプルな見た目でわかりやすい表示に変更しました。また、ユニバーサルフォントの導入や文字サイズを大きくするなど、小さな画面での読みやすさにも配慮しています。


■算数・数学を楽しみながら学習にも役立つコンテンツを掲載
リニューアルした公式サイトでは、算数・数学に関する有益な情報をお届けする「知る・楽しむ」ページを新設、日替わりで検定問題を1問出題する「今日の1問」を追加し、算数・数学に触れ、楽しめるくふうをしています。

<知る・楽しむ>
算数・数学を見て、読んで、学んで、楽しめるコンテンツを集めたページです。読み物、パズル問題、動画、ゲームなど、さまざまなカテゴリがあります。

<今日の1問>
実用数学技能検定公式サイトのトップページで、実用数学技能検定(数学検定・算数検定)の過去問題・解答解説(全15階級)のなかから1問を日替わりで出題します。検定問題にもっと気軽に触れてもらいたいという思いから設置しました。

リニューアルした公式サイトでは、今後も閲覧してくださるユーザのみなさまの利便性向上を図るとともに、数学検定・算数検定を通じた算数・数学の学習機会の充実を支援してまいります。また、数検を受検する際の学習をサポートし、広く学習者のみなさまの数学力向上に貢献してまいります。


【実用数学技能検定について】
「実用数学技能検定」(後援=文部科学省)は、数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る記述式の検定で、公益財団法人日本数学検定協会が実施している全国レベルの実力・絶対評価システムです。おもに、数学領域である1級から5級までを「数学検定」と呼び、算数領域である6級から11級、かず・かたち検定までを「算数検定」と呼びます。第1回を実施した1992年には5,500人だった年間志願者数は、2015年以降は35万人を、検定を実施する学校や教育機関も16,000団体を超え、公費での活用も広がっています。以来、累計志願者数は600万人を突破しており、いまや数学・算数に関する検定のスタンダードとして進学・就職に必須の検定となっています。
日本国内はもちろん、フィリピンやカンボジア、インドネシア、タイなどでも実施され(累計志願者数は30,000人以上)、海外でも高い評価を得ています。※志願者数・実施校数はのべ数です。


【ビジネス数学検定について】(当協会の行うその他のおもな公益事業)
「ビジネス数学検定」は、ビジネスの現場で必要となる実用的な数学力・数学技能を測定する検定です。実務に即した数学力を5つの力(把握力・分析力・選択力・予測力・表現力)に分類し、ビジネスのシチュエーションを想定した問題で、これらの力の習熟度を測定します。インターネット上で受検できるWBT(Web Based Testing)方式を採用。2006年に第1回を実施し、現在では企業の採用試験や新人研修、管理職登用試験などに活用する事例も増加しています。


【法人概要】
法人名 : 公益財団法人 日本数学検定協会
所在地 : 〒110-0005 東京都台東区上野5-1-1 文昌堂ビル6階
理事長 : 清水 静海(帝京大学大学院 教職研究科長・教授、
公益社団法人日本数学教育学会名誉会長)
会長 : 甘利 俊一(理化学研究所 栄誉研究員、東京大学名誉教授)
設立 : 1999年7月15日
事業内容: (1)数学に関する技能検定の実施、技能度の顕彰及びその証明書の発行
(2)ビジネスにおける数学の検定及び研修等の実施
(3)数学に関する出版物の刊行及び情報の提供
(4)数学の普及啓発に関する事業
(5)数学や学習数学に関する学術研究
(6)その他この法人の目的を達成するために必要な事業
URL : https://www.su-gaku.net/

※「数検」「数検/数学検定」「数検/Suken」は当協会に専用使用権が認められています。
※「ビジネス数学検定」は当協会の登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告