アクサダイレクト、入院中の子どもたちに“オリジナル絵本”を寄贈 神奈川県立こども医療センターとオンラインで結び贈呈式を開催 ~社員による読み聞かせに遠隔操作型“分身ロボット”で子どもたちも参加~

プレスリリース発表元企業:アクサ損害保険株式会社
オリジナル絵本『スマイルランドのミツバチとどうぶつたち~The bumble bee and the smiling animals~』

絵本1冊1冊には作者であるCEOブランケンから子どもたちへのメッセージとサインが添えられている

絵本のキャラクターをあしらったバンダナと、社員による手書きのしおり型メッセージカードも寄贈

アクサ損害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:ハンス・ブランケン、以下「アクサダイレクト」)は、『Payer to Partner:単に保険金をお支払いするだけの会社から、より良い人生、より良い社会のために皆さまに寄り添うパートナーになる』というビジョンのもと、神奈川県立こども医療センターに入院中の子どもたちへ、社員が作ったオリジナル絵本『スマイルランドのミツバチとどうぶつたち~The bumble bee and the smiling animals~』500冊を寄贈、7月1日に贈呈式を行いました。


■本プレスリリースのポイント
・アクサダイレクトは、入院中の子どもたちに「自分らしく生きるすばらしさ」を伝えたいとの思いから、CEOハンス・ブランケンが書いたストーリーに社員が描いたイラストを添えたオリジナルの絵本を制作
・7月1日に、神奈川県立こども医療センターとアクサダイレクト東京本社近くの会場をオンラインで結んで贈呈式を開催、贈呈式では社員が紙芝居で絵本を読み聞かせ、入院中の子どもたちの分身として遠隔操作型ロボット「OriHime」※が参加


AXAグループは、すべてのステークホルダーから選ばれ信頼されるパートナーとなるために、全世界でコーポレートレスポンシビリティ(CR=企業の社会的責任)活動を行っています。アクサダイレクトでは、2018年に日本での設立20周年を迎えたことを機に、より積極的にCR活動を実践しており、同年には自動車保険を提供する企業として児童の交通安全を目的としたオリジナル傘の寄贈を行い、2019年には国内拠点での地域貢献を目的に中学生を対象に社員が登壇してキャリア教育を実施しました。また、人とペットのより良い暮らしを応援するためにペット保険を提供する企業として、長期入院する子どもたちに寄り添い元気づける「ファシリティドッグ」の支援を2018年から続けています。
この度の絵本の寄贈は、アクサダイレクトがオフィシャルスポンサーを務めるファシリティドッグ「アニー」の勤務する神奈川県立こども医療センターに入院中の子どもたちへ、自分らしく生きるすばらしさを伝えたいと発案したもので、CEOのハンス・ブランケンがストーリーを作成、33人の社員が協力しすべてのイラストを仕上げました。主人公のミツバチは、代わり映えのしない毎日に「何だかつまらない」と感じ、仲良しの動物たちに相談します。暗い土の中でも幸せに暮らすモグラや、はちみつを待っているクマなどとの会話を通してありのままの自分を見つめなおし、とても幸せな気持ちになる…というストーリーで、闘病生活を送る子どもたちにささやかな笑顔と希望を届けたいという思いが込められています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/216500/LL_img_216500_1.jpg
オリジナル絵本『スマイルランドのミツバチとどうぶつたち~The bumble bee and the smiling animals~』
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/216500/LL_img_216500_2.jpg
絵本1冊1冊には作者であるCEOブランケンから子どもたちへのメッセージとサインが添えられている
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/216500/LL_img_216500_3.jpg
絵本のキャラクターをあしらったバンダナと、社員による手書きのしおり型メッセージカードも寄贈

絵本のストーリーや社員による絵本作りの様子は、特設サイトでもご紹介しています。
「スマイルランドのミツバチとどうぶつたち~The bumble bee and the smiling animals~」
特設サイトURL: https://www.axa-direct.co.jp/company/picture_book/


■贈呈式の開催
7月1日(水)の贈呈式は、横浜市南区にある神奈川県立こども医療センターとアクサダイレクト本社近くの会場の2拠点をオンラインで結んで行われ、アクサダイレクト側の会場には、子どもたちの分身として遠隔操作型ロボット「OriHime」が出席しました。
CEOブランケンより、ファシリティドッグを派遣する団体「シャイン・オン!キッズ」事務局長ニーリー美穂氏を通して、神奈川県立こども医療センターに入院中の子どもたちへ絵本と、絵本に登場するキャラクターをあしらったバンダナ、社員が1枚1枚心を込めて書いたメッセージ入りのしおりが贈呈されました。
神奈川県立こども医療センターのプレイルームには、病院長の猪谷泰史氏、入院中の子どもたち8人、ファシリティドッグのアニー、ハンドラーの森田優子氏が参加されたほか、病室からも子どもたちが贈呈式の様子を見守ってくれました。
アクサダイレクト社員による紙芝居を用いた絵本の読み聞かせの際には、子どもたちが神奈川県立こども医療センターからOriHimeを操作し、腕を振ったり首をゆすったりと喜びを表現し、読み聞かせ後には感想を言葉で伝えてくれたことで、子どもたちがその場にいるようなコミュニケーションを図ることができました。

◇神奈川県立こども医療センター病院長 猪谷泰史氏のコメント
オリジナル絵本の「スマイルランドのミツバチとどうぶつたち」を子どもたち全員にいただき、気持ちのこもった贈り物を本当にありがとうございます。きっと子どもたちも絵本の中のスマイルランドに入り込んで、楽しい時間を過ごせると思います。また、子どもたち一人ひとりに心のこもったメッセージを書いていただいた社員の皆様に感謝いたします。

◇認定NPO法人「シャイン・オン!キッズ」事務局長 ニーリー美穂氏のコメント
本日7月1日はアクサダイレクトさんに支援いただいているファシリティドッグの日です。このような日に、大変素晴らしいプレゼントを神奈川県立こども医療センターの全員にいただきました。オリジナル絵本とアクサダイレクト社員の皆さんが一人ひとりにメッセージを書いてくれたしおり、そしてバンダナが、病院の子ども達の勇気に繋がります。シャイン・オン!キッズは、病院の子どもたちと一緒にこれからも様々なことにチャレンジしていきたいと思います。

◇アクサ損害保険株式会社 代表取締役社長兼CEO ハンス・ブランケンのコメント
この度、アニーの勤務する神奈川県立こども医療センターへ入院中の子どもたちへ、絵本をお届けする機会をいただき大変嬉しく感じております。本日は、プレゼントに加えオリジナル絵本を紙芝居にして読み聞かせいたします。また、遠隔操作型ロボット「OriHime」が子どもたちの分身として会場に来ている特別な日です。病院から参加してくださっている皆さんとともに、楽しい時間を過ごせれば幸いです。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/216500/LL_img_216500_4.jpg
アクサダイレクトオリジナル絵本贈呈式
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/216500/LL_img_216500_5.jpg
子どもたちの分身としてOriHimeが出席
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/216500/LL_img_216500_6.jpg
オリジナル絵本を紙芝居を使って読み聞かせ
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/216500/LL_img_216500_7.jpg
OriHimeを通して子どもたちとコミュニケーション

■アクサダイレクト オリジナル絵本「スマイルランドのミツバチとどうぶつたち」贈呈式要項
主催:アクサ損害保険株式会社
日時:2020年7月1日(水) 10:30~11:20
場所:浅草ビューホテル 28階「ベルヴェデール」
〒111-8765 東京都台東区西浅草3-17-1

内容:
・挨拶
アクサ損害保険株式会社 代表取締役社長兼CEOハンス・ブランケン
・絵本の贈呈
神奈川県立こども医療センターに入院中の子どもたち全員へ、絵本、絵本に登場するキャラクターをあしらったバンダナ、社員の手書きメッセージ入りのしおりのセットを贈呈
※シャイン・オン!キッズ 事務局長 ニーリー美穂様を通して病院へ贈呈
・ご挨拶
神奈川県立こども医療センター病院長 猪谷泰史様 ※病院からリモートでご参加
・子どもたちからのメッセージカードの贈呈、ご挨拶
シャイン・オン!キッズ 事務局長 ニーリー美穂様
神奈川県立こども医療センターの子どもたちから、アクサダイレクトへお礼のメッセージカードを贈呈
・紙芝居による読み聞かせ
アクサダイレクトの社員が、オリジナル絵本を、紙芝居を使って読み聞かせ
OriHimeを通して子どもたちとコミュニケーション
・記念写真撮影

贈呈式参加者:
<浅草ビューホテル会場>
認定NPO法人「シャイン・オン!キッズ」事務局長 ニーリー美穂様
アクサ損害保険株式会社 代表取締役社長兼CEO ハンス・ブランケン
アクサ損害保険株式会社 有志社員
<神奈川県立こども医療センター会場>
神奈川県立こども医療センター病院長 猪谷泰史様
認定NPO法人「シャイン・オン!キッズ」ハンドラー 森田優子様
ファシリティドッグ「アニー」
入院中の子ども代表

贈呈内容:
オリジナル絵本『スマイルランドのミツバチとどうぶつたち~The bumble bee and the smiling animals~』500冊
・絵本に登場するキャラクターをあしらったバンダナ 500枚
・アクサダイレクト社員による手書きメッセージ付きしおり 500枚
(神奈川県立こども医療センターのベッド数は430床)


※遠隔操作型の分身ロボット「OriHime」
オリィ研究所が開発している、育児や介護、身体障害などで会社に身体を運ぶ事が困難な方のテレワークや、病気で学校に通えない児童・学生の遠隔教育ツールとして全国で使われている分身ロボット。PCやタブレット、スマートフォンで手軽に操作でき、OriHimeの設置や持ち運びが簡単なところが特徴。「移動の制約」を克服し、「その場にいる」ようなコミュニケーションを実現します。


■シャイン・オン!キッズ
2006年7月に発足。設立者の息子のタイラーは2歳を目前に白血病との闘いの末、短すぎる生涯を閉じました。つらい闘病生活でも笑顔を絶やさなかったタイラーの勇気と自分たちの経験を役に立てたい、という気持ちからスタートした活動は今年14年目を迎えました。
小児がんや重い病気の治療に向き合う子どもたちは、長期にわたる入院治療生活で不安や大きなストレスと闘っています。日本の医療レベルは世界で最も進んだものといえますが、患者や家族のサポート面ではまだ立ち遅れています。長くつらい入院治療中でも、子どもたちが笑顔を忘れずにいられるように、独自の「心のケア」のためのプログラム、ビーズ・オブ・カレッジを22病院に導入、ファシリティドッグとハンドラーを3病院に派遣、2017年からは、小児がんサバイバー対象のワークショップ「キャンプカレッジ」を実施しています。また、2019年よりファシリティドッグの国内育成を試行的に開始いたしました。(2020年6月現在)
URL: http://sokids.org/ja/


■ファシリティドッグ
病院に常勤して医療チームの一員として働けるように、専門的なトレーニングを受けた犬です。日本では、シャイン・オン!キッズが派遣する静岡県立こども病院、神奈川県立こども医療センター、東京都立小児総合医療センターで活動しています。
ファシリティドッグの大きな特徴は、毎日同じ病院に勤務し、個々のニーズに合わせた活動を行うことです。痛い検査や手術室への付き添い、リハビリ支援なども行います。ときどき訪れて短い時間だけふれ合うのではなく、同じ犬がいつもそこにいて多くの時間を繰り返し過ごせることが、入院治療している子どもたちの心の励みになります。


〔アクサダイレクトのCR(コーポレートレスポンシビリティ)活動〕
AXAグループの一員として損害保険サービスを提供するアクサダイレクトのビジネスは、人々の暮らしに安心と安全をもたらし、社会の持続的な発展をサポートするという社会的な役割を持っております。アクサダイレクトでは、『Payer to Partner:単に保険金をお支払いするだけの会社から、より良い人生、より良い社会のために皆さまに寄り添うパートナーになる』というビジョンのもと、積極的にCR活動を推進しています。20周年を迎えた2018年には、ファシリティドッグの育成・認知向上を目的としたチャリティランの開催、国内の4拠点で地元小学生向けに交通安全を目的としたオリジナルの傘の寄贈などを実施しました。
2019年は、未来を担う世代の育成を目的としたキャリア教育授業を国内3拠点で実施したほか、ファシリティドッグ「アニー」の年間サポーターとして、ファシリティドッグのさらなる認知向上を目指し支援しています。事故ゼロ、渋滞ゼロのクルマ社会の実現を目指すMIRAI DRIVE PROJECTの推進、ブラインドサッカー日本選手権「アクサ ブレイブカップ」の活動支援、社員向けCRワークショップの開催、本社オフィス近隣の清掃活動など、幅広いCR活動を継続して実施しています。
企業文化の一部としてCRを浸透させていくことによって、「地域社会」、「お客さま」、「社員」、「株主」、「環境」、「サプライヤー」といった主要なステークホルダーに対して責任ある企業としての役割を果たすことを目指しています。


■アクサ損害保険について
アクサ損害保険株式会社は、1998年に設立され、翌年7月より営業を開始し、現在は主に自動車・バイク保険、ペット保険を販売しているAXAのメンバーカンパニーです。個人のお客さまを対象とした「アクサダイレクト総合自動車保険」は好調な売上を続け、保有契約件数は110万件を超えています。
URL: https://www.axa-direct.co.jp


■AXAグループについて
AXAは世界57ヶ国で16万人の従業員を擁し、1億800万人のお客さまにサービスを提供する、保険および資産運用分野の世界的なリーディングカンパニーです。国際会計基準に基づく2019年度通期の売上は1,035億ユーロ、アンダーライング・アーニングスは65億ユーロ、2019年12月31日時点における運用資産総額は9,690億ユーロにのぼります。AXAはユーロネクスト・パリのコンパートメントAに上場しており、AXAの米国預託株式はOTC QXプラットフォームで取引され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)やFTSE4GOODなどの国際的な主要SRIインデックスの構成銘柄として採用されています。また、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)による「持続可能な保険原則」および「責任投資原則」に署名しています。
※上記のAXAグループ数値は2019年度のもの


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース