【読売巨人軍×日本介助犬協会】東京ドームのバーチャルバックネットで菅野智之投手を介助犬が応援!?見事完封勝利!

プレスリリース発表元企業:社会福祉法人 日本介助犬協会

●7月3日(金)に東京ドームで行われた巨人×中日の公式戦のバーチャルバックネットに菅野智之投手が支援している(社福)日本介助犬協会(https://s-dog.jp/)の介助犬が登場



[画像1: https://prtimes.jp/i/58195/13/resize/d58195-13-894493-0.jpg ]


読売巨人軍は無観客で行われる東京ドームの公式戦のバックネット裏でファンが声援を送っているかのような映像を制作する「バーチャルバックネット裏シート」を実施している。7月3日(金)に行われた巨人×中日の試合に先発投手として登板した菅野投手。当日は菅野投手が支援している日本介助犬協会の介助犬がバーチャルバックネットに登場した。
[画像2: https://prtimes.jp/i/58195/13/resize/d58195-13-166931-7.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/58195/13/resize/d58195-13-696201-1.jpg ]



バーチャルバックネットはグラウンドの選手達だけではなく、中継を見ているファンも見ることができる。バックネットに犬の写真がある試合は大変珍しい光景であったのではないかと思われる。
[画像4: https://prtimes.jp/i/58195/13/resize/d58195-13-227717-10.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/58195/13/resize/d58195-13-322259-9.png ]


犬たちの応援を受けてか、当日菅野投手が9回まで投げ切る完封試合となった。
[画像6: https://prtimes.jp/i/58195/13/resize/d58195-13-780366-8.png ]




菅野投手×日本介助犬協会コラボグッズ

菅野投手は毎シーズン1勝をあげる毎に10万円の寄付を送る「菅野基金」を立ち上げる他、東京ドームに介助犬ブースを設ける等、日頃から精力的に介助犬育成を支援している。 また、日本介助犬協会では菅野投手とのコラボグッズの販売をしている。コラボグッズにはTシャツやトートバッグ、パーカーがあり、売り上げは介助犬の育成・普及啓発活動等にあてられる。菅野投手と同じグッズを身にまとって、介助犬と一緒に試合を応援しよう。
今回の菅野投手の勝利を祝して7月6日まで期間限定で割引セールが実施されている。

▼2020コラボグッズ
介助犬と菅野投手が話をしているようなほのぼのとしたデザインを施し、2色展開。
[画像7: https://prtimes.jp/i/58195/13/resize/d58195-13-601460-4.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/58195/13/resize/d58195-13-855731-3.jpg ]



・菅野智之投手2020コラボTシャツ ¥3,000
・菅野智之投手2020コラボトートバッグ【Mサイズ】¥1,200
・菅野智之投手2020コラボトートバッグ【Lサイズ】¥1,800


▼さくらコラボグッズ
さくらをまとった菅野投手の力強いイラストを施している。
[画像9: https://prtimes.jp/i/58195/13/resize/d58195-13-793026-2.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/58195/13/resize/d58195-13-658469-5.jpg ]



・さくらコラボパーカー ¥6,000
・さくらコラボトートバッグ【Mサイズ】 ¥1,200
・さくらコラボトートバッグ【Lサイズ】 ¥1,800


◇販売場所
日本介助犬協会チャリティーグッズショップ
https://sdog.theshop.jp/


介助犬とは

手足が不自由な方の手助けをする犬のこと。まだ全国にも61頭(2019年10月1日現在)しかおらず、認知度の低さが課題。主に落とした物を拾う、靴や靴下を脱がせる、携帯電話を持ってくるなどを行い、使用者のニーズにあった作業を行う


菅野智之投手の介助犬支援

2015年より菅野基金として勝利数に合わせた寄付を日本介助犬協会へ贈呈。また、介助犬の課題である認知度の低さへの支援として介助犬サポート大使として介助犬の認知度向上にも貢献している。

菅野投手×日本介助犬協会対談記事 https://s-dog.jp/interview/special01/

【お問合せ先】
社会福祉法人 日本介助犬協会 管理部広報G 後藤
045-576-9005 

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告