小規模LNGの市場規模、2025年には26億米ドルに到達見込み 大型車向け燃料としての需要が市場を牽引

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
小規模LNGの市場規模、2025年には26億米ドルに到達見込み 大型車向け燃料としての需要が市場を牽引


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「小規模LNGの世界市場 ~2025年:液化・再ガス化」 (MarketsandMarkets) の販売を7月3日より開始いたしました。

世界の小規模LNGの市場規模は、2020年には23億米ドルと推定され、2025年には26億米ドルに達し、CAGR2.6%で成長すると予測されています。主に大型車、海上輸送、産業用電力などの様々な需要により小規模LNGの市場は拡大しています。

タイプ別で、液化部門が最も大きなシェアを占める

タイプ別では、液化部門が市場シェアを占めると推定されます。この部門の成長は、LNGの輸出の増加によるものです。LNGは、港からの輸送前に液化する必要があります。さらに、世界中で液化ターミナルが増加していることも、LNGの需要を後押ししています。この要因が予測期間中の需要を牽引すると考えられます。

用途別では、大型車部門が市場の成長に貢献

用途別に見ると、2020年は大型車部門が最大のシェアを占めると予想されます。これは、特に中国と欧州において、大型車の燃料としてのLNGの使用が増加していることに起因しています。長距離トラックにとってLNGは最も有利な選択肢です。大型車では、LNGの濃度は飽和圧力と貯蔵温度により大きく変化する可能性があります。LNG車両の燃料システムは、車両タンクや給油所での燃料密度を最大化しながら、必要な供給圧力で天然ガスをエンジンに供給します。これらの要因が需要を牽引すると予想されます。

APACが最大市場になると予想

APAC(アジア太平洋地域)は、大型車両や産業および電力用など、様々な用途での使用が増加していることから、最大かつ急成長している地域です。需要の増加は、人口増加、可処分所得の増加、中国、韓国、台湾の経済成長によるものです。これらの要因により、この地域の小規模LNG需要が拡大すると予想されています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama940613-small-scale-lng-market-by-type-liquefaction.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース