面倒な梱包をスマートに!自己粘着で誰でも簡単!のりもテープも使わない新しいパッケージングシート

プレスリリース発表元企業:株式会社 イノアックコーポレーション
次世代粘着シート「INOTACKⓇ」

梱包の手順

用途例とディスペンサーボックスの取出し口


画像 : https://newscast.jp/attachments/egtbsfyF68YlsV3NkTU7.jpg
次世代粘着シート「INOTACKⓇ」


日本で初めてウレタンフォームの生産を始めた高分子素材のリーディングカンパニーである株式会社イノアックコーポレーション(代表取締役:井上聰一、名古屋本社:愛知県名古屋市・東京本社:東京都品川区、以下イノアック)は、次世代粘着シート「INOTACKⓇ(以下イノタック)」に全18品番がラインナップされたことをお知らせします。


製品の概要と特長


「イノタック」は紐やテープ、のりを使わずに、粘着面を合わせるだけで簡単に貼ることが可能なパッケージングシートです。発送物の梱包や、引越し時の部分保護にも最適です。


画像 : https://newscast.jp/attachments/rr9gYXBqRGxB5ZIdGmeO.jpg
梱包の手順


何かと面倒なちょうど良いサイズの梱包資材を探す手間も省け、材料費の削減や梱包時間の短縮につながりますので、個人のご使用はもちろん、ネットショップや通販などプロユースの梱包資材としてもおすすめです。
使い方はとても簡単で、好きなサイズにカットし、商品を包んだら粘着面同士を圧着するだけです。「イノアック」は一部の品番を除き、紙の単一素材でできているため、使用後は古紙としてリサイクルが可能。さらに、燃やしても有害物質は発生しません。また、食品衛生法・食品、添加物等の規格基準に適合していますので、安心してお使いいただけます。但し、防臭効果はございませんのでご注意ください。


自己粘着とは


高分子ポリマーには、同じ素材同士で、互いに引き寄せ合う特性があります。この引き合うことによる粘着を、自己粘着(自着性)と言います。この特性を生かし、ポリマーを選択してコーティングしたものが「イノタック」です。したがって、粘着面同士は粘着しますが、被包装物には粘着しません。


製品概要


<製品名>
次世代粘着シート「INOTACKⓇ(イノタック)」
<ラインナップ>
全18 品番(2020 年7 月現在)
<用途例>
包装・梱包・保護・結束など


画像 : https://newscast.jp/attachments/rA5KXVA2Sr4dDbwhVNsi.jpg
用途例とディスペンサーボックスの取出し口


製品に関するお問い合わせ先


(株)イノアックコーポレーション 高機能材料事業本部 物流資材事業室
担当:澤木(さわき)
e-mall : toshiya.sawaki@inoac.co.jp
製品紹介ページ: https://www.inoac.co.jp/package/package/index.html


本プレスリリースに関しまして


■本リリースに記載されている会社名および製品名は、イノアックの商標または登録商標です。
■プレスリリースに掲載されている内容、製品の仕様その他の情報は、2020 年7 月時点での情報です。予告なく変更する場合があります。予めご容赦ください。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース