2020年最もアツい投資案件【Filecoin マイニング】とは?ICOで200億円以上の資金調達に成功した仮想通貨が上場間近!

プレスリリース発表元企業:アドエンターグループ株式会社
2020年最もアツい投資案件【Filecoin マイニング】とは?ICOで200億円以上の資金調達に成功した仮想通貨が上場間近!

2020年最もアツい投資案件【Filecoin マイニング】とは?ICOで200億円以上の資金調達に成功した仮想通貨が上場間近!

2020年最もアツい投資案件【Filecoin マイニング】とは?ICOで200億円以上の資金調達に成功した仮想通貨が上場間近!


Filecoin(ファイルコイン)は2017年8月にICOを実施し、約282億円という巨額の資金調達を成功させたICO歴代資金調達額第2位のビッグプロジェクトです。Filecoin(ファイルコイン)のICOの参加条件は総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家、もしくは年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家のみに行われ、一般投資家は上場までFilecoin(ファイルコイン)を獲得する機会がありませんでしたが、唯一Filecoin(ファイルコイン)を獲得する方法としてFILECOIN MINERというFilecoin(ファイルコイン)のマイニングシステムがあります。本記事ではFilecoin(ファイルコイン)のマイニング、FILECOIN MINERについてお伝えします。

■2020年大注目のFilecoin(ファイルコイン)とは?


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MjMzMCMyNDY5NjAjNjIzMzBfc25vcHZpYWphZC5wbmc.png ]

Protocol Labs社のJuan Benet氏が考案したのが「Interplanetary File System(IPFS)」と呼ばれるHTTPに代わる分散型のインターネットファイルシステムです。簡単に言うと、IPFSはインターネットをHTTPからP2P方式に切り替えようというものです。
その仕組みはいたってシンプルで既存のデータセンターに加え、個人のパソコンやスマホの空き容量を提供してもらい、巨大なネットワークを構築しようという一大プロジェクト です。このネットワーク参加者に与えられる報酬がFilecoin(ファイルコイン) となります。


■ICO資金調達額歴代2位となる282億円!


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MjMzMCMyNDY5NjAjNjIzMzBfUlpBcFFNY2RYbS5QTkc.PNG ]

Filecoin(ファイルコイン)は2017年8月に実施したICOで、開始1時間で約170億円の資金調達に成功し、最終的には約282億円もの資金を調達したことで、ICO資金調達額歴代2位となりました。
また、ICOに参加することができる投資家は総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家、もしくは年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家 のみに販売が行われ、一般投資家がほとんど参加することができなかったことも話題を呼びました。

参加した投資家の中には、スタートアップを支援するAngellistというwebサイトを立ち上げたNaval Ravikant氏 や100社以上の企業のスタートアップに成功したシリコンバレーに拠点を置くスタートアップアクセスレーターのYcombinator などの有名投資家、Andreessen Horowits・Sequoia Capitalなどの大手VC 、Winklevosなどの仮想通貨系VC 、さらにはスタンフォード大学 など大手VCや適格機関投資家2100名が名を連ねました。


■Filecoinが注目される4つのポイント

POINT1:ICOで話題に(市場2位の調達額)
ICO開始約170億円を集め、合計で約282億円を調達した。
ICO参加者はプロに限定し、総資産額1億ドル以上の投資家、または年間で20万ドル以上の利益を出した投資家のみに限定し著名VC、適格機関投資家2100名が参加。

POINT2:世界最高レベルの信頼度『GEMINI』での上場
米国SEC認可であるニューヨーク拠点の仮想通貨取引所Geminiは、Filecoin(FIL)のカストディ(保管・管理)サービスをメインネットローンチ後に対応すると発表。
続いて大手取引所Coinbaseも上場を発表。

POINT3:すでに先物取引で市場が形成されている
大手取引所のGate,Lbank等でFilecoinの先物であるIOUが取引されており、現在1000円以上の価格をつける取引所もあり、月間取引は1000億円に到達。

POINT4:マイニング大国中国大手企業が参入
現在、bitcoinマイニングの世界最大のマイニングプールシェアを持つf2poolやTomorrowグループがFilecoinマイニングに参加することが決定。


■Filecoinのマイニング 【FILECOIN MINER 】とは?


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MjMzMCMyNDY5NjAjNjIzMzBfQ0dyblZXaWxFVi5wbmc.png ]

Filecoin(ファイルコイン)は総資産額1億ドル(日本円で約109億円)以上の投資家、もしくは年間で20万ドル(日本円で約2,185万円)以上の利益を出した投資家というハードルをクリアした投資家のみがICOで購入することができましたが、それ以外に入手する方法は先物(IOU)市場で購入する、もしくは上場まで待つしかありません。

ですが、Filecoin(ファイルコイン)を上場前に入手する方法がもう一つだけあります。
それが、FILECOIN MINER=マイニング です。

FILECOIN MINERを簡潔に説明すると、ユーザーはFilecoin(ファイルコイン)を獲得するために自身のストレージ(容量)を提供しその報酬としてファイルコイン(FIL)を獲得することができます。FILECOIN MINERでは世界最高峰のマイニングマシンメーカー「NONENTROPY社(逆熵科技有限公司)」と、マイニングプール建設「TOMORROW社(毛球科技有限公司)」と共同で開発したマイニングマシンにより、提供したストレージで最大限のFilecoin(ファイルコイン)を採掘できます。


■FILECOIN MINERのココがスゴイ!


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MjMzMCMyNDY5NjAjNjIzMzBfdW1NTlFlZFZpVC5wbmc.png ]

2020年5月に行われた「Filecoin Testnet2」におけるFILECOIN MINERのマイニング実績データでは、FILECOIN MINERのファイルコインを採掘するマイニングマシンは世界最高のマイニング効率を実現 させました。
その実績は「Filecoin Testnet2」に参加した競合他社と比較して「2.5~3倍の効率性」 を実現しており、FILECOIN MINERのファームは、採掘時間や採掘数が他社と比べて劇的に少ないにも関わらず、ノード効率は他社の3倍以上 を誇ります。言い換えるとマイニングマシンに入れるストレージを最大限に活用できるということになります。

これらの実績を踏まえ、「FILECOIN MINER」は、注目されているプロジェクト「ファイルコイン(FIL)」を最も効率的に獲得することが可能となるマイニングシステムとなります。


■Filecoin(ファイルコイン)をマイニングするメリット


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MjMzMCMyNDY5NjAjNjIzMzBfZXZ0anF3WWROcS5QTkc.PNG ]

ファイルコインは2020年3Qにメインネットローンチを予定しており、取引所への上場及び、現物取引はそこからスタートになります。そのため一般投資家は、上場までファイルコイン(FIL)を入手することができないのです。

ここでポイントが1つ。Filecoin(ファイルコイン)メインチェーンはネットワーク全体のセキュリティを確保するために強力なコンピューティング能力を必要とします。その為に、初期段階から多くのマイニング参加者を必要とします。初期段階のマイニング報酬は特に高く設定されており、そこから徐々にマイニング報酬が減少していく仕組みが採用されています。
つまり、Filecoin(ファイルコイン)のメインネットワークスタートアップの初期からマイニングに参入することで得られる先行者メリットは非常に大きい と言えます。

また、Filecoin(ファイルコイン)の発行メカニズムでは、Filecoin(ファイルコイン)総発行量は20億FILに設定され、そのうち5%(1億FIL)は財団に割り当てられ6年間で均等にリリースされる予定となっています。また10%(2億FIL)はICOに参加した投資家に割り当てられ、これは36か月間で均等にリリース。15%(3億FIL)はプロトコルラボチームに割り当てられ、6年間で均等にリリースされます。残りの70%(14億FIL)がマイナーに割り当てられ、ブロック報酬の形で20年間をかけて徐々にリリースされるので、プロジェクトやICOの参加投資家による売り浴びせが限定され既存のICOプロジェクトのように上場後スグに暴落するといったことがなく、安定した価格が実現 されます。

これまで一般投資家が獲得することができなかったFilecoin(ファイルコイン)を入手することができる「FILECOIN MINER」 。前述したFilecoin(ファイルコイン)メインネットワークスタートアップ時の報酬を獲得することができる「FILECOIN MINER」1次募集の締め切りが6月30日と迫っているので、興味のある方は是非、Filecoin(ファイルコイン)のマイニングに参加してみてはいかがでしょうか?

【FILECOIN MINER お申込みはコチラ 】
https://bit.ly/3eiwnVv

【Filecoin(ファイルコイン)基本情報】
仮想通貨:FILECOIN(ファイルコイン)
コイン名:FIL
公式サイト:https://filecoin.io
ホワイトペーパー:https://filecoin.io/filecoin.pdf
Twitter:https://twitter.com/minefilecoin
Telegram:https://t.me/filecoin
Facebook:https://www.facebook.com/MineFilecoin/
GitHub:https://github.com/filecoin-project/





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース