2020-06-23 12:00:02

コロナ禍で移住検討者増加傾向!山口県が移住サポート強化

プレスリリース発表元企業:山口県

全国上位の医療環境を誇り、都市機能と田舎の風情を併せ持つ山口県がオンライン相談を含めた多面的なサポートを開始!

山口県では、県外在住の移住希望者に安心して移住相談ができる機会をつくるため、新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮し、オンラインを活用した取り組みを実施してまいります。



内閣府の調査結果で、新型コロナウイルス感染症の広がりに伴う生活意識や行動の変化により、在宅勤務経験者のうち4人に1人が地方移住への関心を高めていることが明らかになりました。山口県でも移住相談が増加傾向にあり、自宅にいながらできる移住相談に対応してまいります。

山口県では、オンラインでの移住相談窓口を6月22日(月)より新規開設します。また、お仕事後に相談したい方や週末にゆっくり相談したい方のために、相談可能日時を大幅に拡大し、平日は21時まで、土日も相談に対応いたします。

また、移住希望者のネットワークを持つSMOUT主催のイベント、「みんなの移住フェス2020オンライン」(6月26日、27日)に宇部市、山口市、萩市と共に参加し、オンライン移住相談ブースにて移住相談員及び県担当職員が山口県への移住についてご相談を受け付けます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/60280/2/resize/d60280-2-324092-5.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/60280/2/resize/d60280-2-859649-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/60280/2/resize/d60280-2-334000-2.jpg ]


山口県は、住みたい田舎No.1に選ばれた「宇部市」や、県の中央部に位置し県庁所在地でもある「山口市」をはじめ、城下町の古い街並みが今も残る「萩市」など、雄大な自然に恵まれ、風光明媚な景観、歴史的な街並みなどがありながら、全国でも上位の医療環境を誇るなど、生活におけるインフラも充実しています。

また、山口県では、県への移住のキャッチフレーズを「やまぐち」のY、「わいわい楽しい暮らし」のYを組み合わせた、YY!ターンと名付け、相談窓口をはじめ、移住希望の段階から移住後までさまざまな支援を実施しています。具体的には、移住の下見の交通費支援補助制度や移住体験ツアー、お試し暮らし住宅、住まい・仕事・子育てへの支援制度など、移住へのサポートが充実しています。

<山口県 オンライン移住相談窓口 概要>
移住希望者 が安心して移住相談ができる機会を増やすため、オンライン移住窓口を 開設

開設日時:2020年6月22日(月)~
相談可能日時:平日 9時から21時まで(最終相談開始時間20時)
土日 10時から18時まで(    〃   17時)
※1時間単位の予約枠 ※祝日、年末年始を除く
予約方法:下記URLから山口県を選択いただき、希望日時を選択してください。
予約にはメールアドレスが必要となります。
https://smout.jp/event/online-ijuu-center
※「株式会社カヤックLiving」が運営する移住スカウトサービス「SMOUT」のシステムを利用しています。

問い合わせ先:
「住んでみぃね!ぶちええ山口」県民会議事務局(中山間地域づくり推進課内)
電話 083-933-2546 ファクス083-933-2559
E-mail uji-turn@pref.yamaguchi.lg.jp

<「みんなの移住フェス2020オンライン」 概要>
「みんなの移住フェス2020オンライン」イベントに「山口県」、「宇部市」「山口市」「萩市」が参加
山口県へ移住を希望する人向けのマッチングサービス「SMOUT」のオンラインでの全国規模の移住相談会に参加します

開催日時:令和2年6月26日(金)、27日(土)10時~16時
出展イベント:
(1)名称 「みんなの移住フェス2020オンライン」
(2)会場 「みんなの移住フェス2020オンライン」専用サイト
出展概要:
やまぐち暮らし東京支援センターの移住相談員及び県担当職員が、山口県の移住全般に関する相談を受け付けます。
参加申込等:専用サイトからから申込できます。当日参加も可能。(参加無料)

問い合わせ先:
「住んでみぃね!ぶちええ山口」県民会議事務局(中山間地域づくり推進課内)
電話 083-933-2546 ファクス083-933-2559
E-mail uji-turn@pref.yamaguchi.lg.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース