ズーラシアンブラス無観客生配信コンサート「ズーラシアン吹奏楽部!」を6月13日(土)に開催決定!

プレスリリース発表元企業:株式会社スーパーキッズ
ズーラシアン吹奏楽部!

ズーラシアンウィンドオーケストラ01

ズーラシアンウィンドオーケストラ02

ズーラシアンブラス(制作・運営:株式会社スーパーキッズ)は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により中止となりました「ズーラシアン吹奏楽部!(ザ・シンフォニーホール)」(6月13日開催)につきまして、無観客開催、YouTubeにて生配信することを決定いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/214357/LL_img_214357_1.jpg
ズーラシアン吹奏楽部!

ズーラシアンブラス20周年となる今年、「ズーラシアン吹奏楽部!」コンサートは、東京公演(4月11日)、大阪公演(6月13日)を予定しておりましたが両公演ともに中止が決定しておりました。5月25日「緊急事態宣言」は全国解除となりましたが、コンサート会場でお客様に楽しんでいただける状況ではない事から、急遽6月13日(土)に無観客公演開催、YouTubeでの生配信を決定いたしました。

多くのコンサートが中止・延期となったり、コンクール・大会などが中止となり、寂しい思いをしているたくさんの皆さんに、動物たちの全開吹奏楽で、パワーを届けたいと思います。
皆さん、是非ご覧ください。


【配信日時】
・2020年6月13日(土)14:00開演
ズーラシアン吹奏楽部!(ザ・シンフォニーホール)
●エントランスページURL: https://www.superkids.co.jp/z-brass/concert/live/

※上記YouTubeでの配信はどなたでも無料でご覧いただくことができます。
また、「ズーラシアンブラスチャンネル」は、子ども向けコンテンツに設定されているため広告などの収益化はされておりません。


【内容】
「吹奏楽を全開で楽しもう!」と結成した「ズーラシアンウィンドオーケストラ」。
ズーラシアンブラスと仲間たちが一緒になって、楽しくノリよくお届けします。
・公演時間 :休憩20分含め 約100分間
・プログラム:ブラス・アドベンチャー/森のくまさん、スーザに出会った。/
吹奏楽のための第二組曲より第一楽章/
MINYOエクスプロージョン 他


【DVD発売情報】
ライブ生配信と同時に、映像収録と録音を行い、特別編集後DVD化いたします。
音楽の絵本webshop、ズーラシアンブラスファンクラブストアにて販売いたします。

●DVD「ズーラシアン吹奏楽部!」
・発売予定日 2020年8月26日(水)
・予定価格 4,000円(税別)


【ズーラシアンブラスとは】
指揮者のオカピをはじめ、演奏するのは全て希少動物という金管五重奏「ズーラシアンブラス」。クラシック音楽における絵本のような役割ができれば…と2000年に誕生し、今年デビュー20周年を迎えます。2010年には「横浜観光コンベンション特別功労賞」を、2011年には「キッズデザイン賞」において最優秀賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。2014年にはコンサートの取組が高く評価され、株式会社スーパーキッズは経済産業省より「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定されました。また多数のCD、DVDのみならず、楽譜もリリースし、金管アンサンブル界の裾野を広げています。
「弦うさぎ」(うさぎの弦楽四重奏)「サキソフォックス」(キツネのサックス四重奏)といった動物の仲間たちと行う、親子のためのコンサート「音楽の絵本」は、全国各地のホールで話題となり、海外公演も含め年間約150を数えます。2011年にはオーケストラ「ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団」も結成。これまでのコンサートから更に一歩踏み出し、慣れ親しんだ音楽をより交響的に紡ぐ「シンフォニック童謡」をテーマに展開。子どもたちのクラシック音楽への興味を一層高めています。
「ズーラシアンブラス」は、これからも音楽の素晴らしさを知る糸口を提供していきたいと思っています。


【制作コンセプト】
素晴らしい文学作品を読んで聞かせても、小さな子どもがその世界に入り込んでいくことはすぐにはできません。そのために文学の世界には「絵本」と言う素晴らしい芸術の入り口が用意されています。音楽の世界にも童謡という子どもたちへの贈り物がありますが、歌詞に頼らないクラシックの世界では絵本のような分かりやすい入り口がなかなかありませんでした。ズーラシアンブラスはクラシック音楽における絵本の役割ができれば…と考えられ、そして誕生しました。


【無観客公演における感染拡大防止対策について】
・バックヤードでは、「三つの密」を避け、「人と人の距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」などの基本的な感染対策を行います。
・入館時に演者、スタッフの体温チェックを行います。発熱などの症状がある者は入館出来ないようにいたします。
・バックヤードでは、演者、スタッフ全員、マスク着用をいたします。また、手にアルコール消毒を随時行います。
・バックヤード内の換気を十分に行います。
・置き型除菌剤(二酸化塩素分子系)をバックヤード内各所に設定いたします。
・主に演奏者、スタッフの手が触れる場所をアルコールや次亜塩素酸ナトリウムを含有したもので拭き取りを定期的に行います。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告