屋外でも、屋内でも!熱中症と感染症を同時に解決できる超軽量空調ダクトシステム「エアホースワン」を開発 

プレスリリース発表元企業:三協エアテック株式会社
展示の写真

設置イメージ:ガーデンカフェテラス

設置イメージ:休憩所

三協エアテック株式会社(代表取締役:加来 裕生、本社:大阪市北区)は、熱中症と感染症を同時に解決できる、超軽量空調ダクトシステム「エアホースワン」を開発いたしました。
エアホースワンと空調機を組み合わせることで、冷却されたフレッシュエアをどんな場所にも届けることができます。
特に屋内における問題として、新型コロナウイルスの感染症対策の一環で「換気の励行」が推奨されていますが、エアコンの利用が欠かせない夏場にかけては、しっかり換気をとることが難しくなります。この問題を「エアホースワン」のフレッシュエア供給により解決し、熱中症リスクと感染症リスクを軽減することができるため、新型コロナウイルス対策への効果も期待できます。

エアホースワン製品情報ページ
https://www.sat.co.jp/product/other/air_titan/


■超軽量空調ダクトシステム「エアホースワン」にできること
1.テントと組み合わせて屋外冷房
屋外ではテントに取りつけて冷却エアを供給し、多人数を同時に熱中症から守ります。

2.オールフレッシュ冷却エアで快適換気
屋内へは100%新鮮外気を冷却して供給し、換気と冷房を同時に実現します。

3.オゾン装置(オプション)との組み合わせで感染症防止
供給する冷却エアをオゾンによりウイルスを不活化します。


■超軽量空調ダクトシステム「エアホースワン」の展示開始
大型スポットクーラーにエアホースワンを組み合わせた、熱中症対策用の屋外冷房設備を大阪市旭区に展示しており、実物を見ていただくこともできます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/214496/LL_img_214496_1.jpg
展示の写真

ダクトを支えているのは、のぼり旗用ポールです。
軽量ダクトのため(85g/m)ガーデンテラスや休憩所など様々な場所へ簡単に設置することが可能です。

<設置イメージ>
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/214496/LL_img_214496_2.jpg
設置イメージ:ガーデンカフェテラス

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/214496/LL_img_214496_3.jpg
設置イメージ:休憩所


■超軽量空調ダクトシステム「エアホースワン」特長
1.軽く軟い素材のため人に優しく安全です。
2.運搬・設置は容易で取付けや取外しも簡単です。
3.部材がモジュール化されているためダクトレイアウトの拡大・縮小が自由です。
4.繊維素材のためオリジナルデザインのプリントが可能です。

<品質表示>
布ダクト:高密度ポリエチレン100%


【会社概要】
会社名 : 三協エアテック株式会社
代表者 : 代表取締役 加来 裕生
所在地 : 〒530-0012 大阪市北区芝田2-5-6
TEL : 06-6374-6140
FAX : 06-6374-6150
設立 : 1993年6月1日
資本金 : 6,900万円
事業内容: 環境関連機器の製造メーカー
URL : https://www.sat.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告