2020-05-30 12:05:07

クラブシーンの雄:San Holoを擁するHeroicより、実験的エレクトロニックアーティスト:Stephenが人気ゲーム オーバーウォッチを題材とした楽曲をリリース!

プレスリリース発表元企業:株式会社STARBASE

リリックビデオにはオーバーウォッチ世界トッププレイヤー:Kabaji氏のプレイ映像をフィーチャー

 日本国内でも圧倒的な支持を集めるクラブシーンの雄:San Holoを擁するHeroicより、バージニア生まれの実験的エレクトロニックアーティスト:Stephenがデジタルシングル「TRACER」をリリース。あわせて、人気ゲームオーバーウォッチの世界トッププレイヤー:Kabaji氏のプレイ映像をフィーチャーしたリリックビデオを公開しました。



 Stephenは、2015年に発表した「Crossfire」がYouTubeで1億回再生を超える、アメリカを中心に人気のエレクトロニック・シンガーソングライター。このたびのリリースは日本国内の配信サービスも含む、全世界が対象となります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/11969/484/resize/d11969-484-934314-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/11969/484/resize/d11969-484-237521-0.jpg ]

 「追跡者」を意味する「TRACER」は世界中で人気のオンラインゲーム:オーバーウォッチのキャラクターの名前でもあり、楽曲は自身が以前ライム病を患っていた際に同ゲームに熱中していた経験が題材となっています。世界トップのオーバーウォッチプレイヤー:Kabaji氏のプレイ映像を用いたリリックビデオは、Stephenによる不穏なトラックとボーカルをさらに印象的にさせる作品となっています。
 8月にはStephenの2枚目となるアルバムのリリースも予定されています。5月1日にリリース済みのシングル「I Never Stay In Love」とあわせて収録予定ですので、ご期待ください。

デジタル配信リンク:https://lnk.to/HR168
Stephen - TRACER (Official Lyric Video):https://youtu.be/4RyZM57VA4g
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=4RyZM57VA4g ]



【Stephenからのメッセージ】
ビデオゲームは常に私の人生の一部でした。 5歳のとき、叔父がウルフェンシュタインを遊ばせてくれたことを覚えています。私の親友もゲーマーに育ちました。学生時代、ディアブロ2のキャラクターについて空想するだけで10,000時間は費やしたと思います。

そして数年前にライム病を患っていたとき、ビデオゲームは私を苦しみ苦痛から救い出してくれました。これは私が幻想的なチームベースのシューティングゲーム:オーバーウォッチと出会った頃のことでした。
それは私がいつも切望していた競争、創造性、友情、そして夢中になってしまうようなアートとデザインの世界、そのすべて与えてくれました。
それから約1年間、治療のために医師の診察を受け、家に帰ってからは眠りにつくまで遊んでいました。

ライム病からは奇跡的に回復しました。しかし私は仕事に復帰してどれだけ一生懸命頑張ったとしても、病気などのコントロールできない力ですべてが崩壊してしまう可能性がある、ということを恐れていました。私の努力は無意味なのではないだろうか?

そのため、オーバーウォッチを通して現実から逃れたいという気持ちは無くなることはありませんでした。罪悪感や恥ずかしさを感じ、現実を直視することが難しくなり、直感を信じられなくなり、自分が嫌いになりました。

そしてこの曲と、この曲が収録されるアルバム全体に影響を与える戦いを始めました。中毒の対立です。私は自分の苦しみや問題の対処をすることも、自身を空っぽにしてすぐに満足できる世界に逃げることもできます。

「TRACER」は、逃げ出したいゲーマーと、犠牲をはらって自らを輝かせたい夢想家、2つの力の間の物語です。これから数ヶ月間、楽曲をお届けすることでたくさんの話題を提供します。これが今の私にとってのすべてです!

LOVE YOU GUYS!!


●作品概要
【タイトル】TRACER
【アーティスト名】Stephen
【レーベル名】Heroic
【収録曲】1. TRACER (詞・曲:Stephen Michael Swartz)
各種配信サービスにて、ストリーミング、ダウンロード配信中
https://lnk.to/HR168

●プロフィール
Stephen (Stephen Swartz)
LAを拠点とするバージニア生まれの実験的エレクトロニック・シンガーソングライター兼マルチインストゥルメンタリスト。
2015年発表の「Crossfire」はYouTubeにて1億以上、Spotifyにて8000万以上のストリームを集める。同曲を収録した2016年発表のLP「Sincerely」はTIME、Billboard、Complex、VICE、FADER、KCRWなどより賞賛を集める。
2017年、ライム病に襲われ音楽活動を休止。病から回復した2019年、EP「It's Too Much Love To Know My Dear」をリリース後、自身と向き合うためのタイへの長い旅を経験。
2020年、深淵より舞い戻ったStephenはこれまでよりも強く、音楽の力で人々と繋がる準備ができている。

趣味:ランニング、ムエタイ、ドラミング、ジャグリング、卓球、大乱闘スマッシュブラザーズ、ナイキ、スリフティング、メスカル、ラガブーリン、瞑想

Twitter:https://twitter.com/ithinkimcrashin
SoundCloud: https://soundcloud.com/ithinkimcrashin
HP: https://sincerelystephen.com

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告