コメディタッチのマンガでギリシャ神話のすべてが楽しくわかる!!︎《オリュンポスの神々の面白すぎるエピソード満載!》

プレスリリース発表元企業:株式会社誠文堂新光社

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2020年6月15日(月)に『マンガでわかるギリシャ神話』を発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12109/990/resize/d12109-990-662902-0.jpg ]

映画、ゲーム、アニメ、文学など、現代のビジュアル作品のモチーフとなっているギリシャ神話。

その原典を調べてみたら、面白すぎるエピソードが満載でした!!︎

じつは、高尚なものではなく、じつに人間くさいドラマがくり広げられていたのです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12109/990/resize/d12109-990-852095-3.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/12109/990/resize/d12109-990-662145-1.jpg ]

本書では、ギリシャ神話の世界観から物語のあらすじ、その主役となるオリュンポス12神のキャラクターを、コメディタッチのマンガでわかりやすくご紹介!

物語に登場する武器や道具、怪物の事典も掲載し、この一冊でギリシャ神話のすべてを楽しく学ぶことができます。
また、神話を描いた絵画や、日本神話との共通点、古代ローマにつながる流れなど、アカデミックな内容も網羅しています。

ワガママで、見栄っ張り、自由すぎる神々の「人間よりも人間くさい」逸話を、お楽しみください!
[画像4: https://prtimes.jp/i/12109/990/resize/d12109-990-846687-4.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/12109/990/resize/d12109-990-402168-2.jpg ]

【目次抜粋】
EPISODE1 世界の起源
EPISODE2 神々の伝説
EPISODE3 英雄の物語
ゼウスを中心とした主要キャラの相関図
ギリシャ神話事典1. 武器と道具
ギリシャ神話事典2. 怪物

コラム
絵画で見るギリシャ神話/神話のひみつ:ギリシャ神話の舞台と世界観/現在のギリシャにある神話に登場する場所/親しみやすい登場キャラたち/現在も残っているギリシャ神話の遺跡/ギリシャ神話を題材とした文学・音楽作品/トロイア戦争とはなんだったのか/ギリシャからローマへ(後日譚)/他の神話との共通点:冥府下りと黄泉行き/神が起こした大洪水

【著者プロフィール】
監修:佐藤 俊之(さとう・としゆき)
1966年東京・池袋生まれ。東京造形大学在学中より執筆活動を始める。主に西洋史、軍事史、神話伝承を題材とするライター。著作には『聖剣伝説』『アーサー王』(新紀元社)、翻訳書に『アーサーとアングロ・サクソン戦争』『ナポレオンの軽騎兵』(新紀元社)、監修書に『伝説の「武器・防具」がわかる本』(PHP研究所)、『悪魔辞典』(新紀元社)などがある。現在、雑誌『歴史群像』(学研プラス)で西洋軍事史について長期連載中。

マンガ:山里 將樹(やまざと・まさき)
1982年沖縄生まれ。千葉大学卒。2013年からフリーランスのイラストレーターとして活動開始。テレビ番組のイラストを中心に、雑誌・webのカットイラストや、ネットメディアで漫画を連載中。書籍では『コンビニあるある』(廣済堂出版)などのイラストを制作。

【書籍概要】
書 名:マンガでわかるギリシャ神話
監 修:佐藤 俊之
マンガ:山里 將樹
仕 様:A5判、192ページ
定 価:本体1,700円+税
発売日:2020年6月15日(月)
ISBN:978-4-416-52020-8

【書籍のご購入はこちら】
誠文堂新光社 書籍紹介ページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/book/art/43012/

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:https://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告