包装印刷の市場、2019年3,506億米ドルから2024年までCAGR4.7%で成長し、4,406億米ドルに達する予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
包装印刷の市場、2019年3,506億米ドルから2024年までCAGR4.7%で成長し、4,406億米ドルに達する予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「包装印刷の世界市場:印刷インク別 (水性、UV硬化性)・印刷技術別 (フレキソ印刷、グラビア、デジタル)・包装の種類別 (ラベル・タグ、フレキシブル包装)・用途別 (食品・飲料、化粧品、医薬品)・地域別の将来予測 (2024まで)」 (MarketsandMarkets) の販売を5月29日より開始いたしました。

世界の包装印刷の市場規模は、2019年の3,506億米ドルから2024年には4,406億米ドルに達し、CAGR4.7%で成長すると予測されています。状況に適した印刷やパッケ-ジへの印刷の増加から、市場の高成長が期待されています。急速な工業化や世界の製造業の成長などの要因が、包装印刷の需要を後押ししています。

フレキソ印刷部門が市場をリードする

金額の面では、印刷技術のフレキソ印刷部門が最大の市場シェアを占めており、緩やかなCAGRで成長すると予測されています。この成長は、優れた品質の画像を印刷する能力と、荒天候に対する耐久性に起因していると考えられます。デジタル印刷部門は、包装印刷市場では中位のシェアを占めていますが、店頭での消費者の目を惹く外観により、パーソナルケア製品・化粧品のパッケージ印刷に好まれ、高い成長率での利用が予測されます。

ラベル・タグ包装部門は、最も高いCAGRで成長すると予測

パッケージのラベル・タグ部門は、中位の市場シェアを占めていますが、高いCAGRで成長すると予測されています。これは、ほぼすべてのタイプの包装資材に適用可能なことによるものです。ラベルは、製品情報、ブランド識別記号、出荷時の輸送の詳細を表示するため、最もよく使用される包装部分です。

食品・飲料部門が最大の市場になると予測

用途別では、食品・飲料部門が大きなシェアを占めており、食品包装の需要が高い点と、製品の貯蔵寿命、組成、栄養価を伝えるために、食品パッケージ上にデジタルデータ印刷を採用することに起因しています。

アジア太平洋地域が最も高いシェアを占める

メーカーが低コストの包装印刷オプションの開発に注力していることから、アジア太平洋地域が高いシェアを占め、北米と欧州がこれに続いています。先進国の包装印刷市場が成熟期に達しているため、2019年から2024年までは中国とインド市場の高い成長率が予測されています。アジア太平洋地域は、食品業界における包装の需要とともに、e-リテールの売上高が増加していることから、最も高い成長を記録すると予測されています。

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama925071-packaging-printing-market-by-printing-ink-aqueous.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【 ニュース提供元サイト 】
https://www.gii-news.jp/mama925071-20200528/

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告