VetterがAxia Best Managed Companies Awardを受賞

プレスリリース発表元企業:Vetter Pharma International GmbH




・ 突出して優れた企業経営クオリティを有することの認定
・ 戦略、イノベーション、企業カルチャーならびにファイナンス領域の分析をとおした評価
・ 包括的な3段階の申請・評価プロセス


ドイツ・ラベンスバーグ -Media OutReach- 2020年5月29日 -いくつかのKeyとなる数字を見ると、Vetterがグローバルの受託開発・製造企業(CDMO)として、大きな成功を収めてきたことは明らかです。過去10年間で、同社の年間売上高は約6億7000万ユーロに倍増し、スタッフ数は4,900人に拡大しました。そして、ドイツのファミリー企業である同社、Axia Best Managed Companies Awardを受賞したことで、この成功をさらに裏付ける形となりました。
コンサルティング会社のデロイト、著名なドイツのビジネスジャーナルWirtschaftsWoche、Credit Suisse、およびBundesverband der Deutschen Industrie BDI(ドイツ産業連盟)は、明確なビジョン、革新的なアプローチ、持続可能な企業カルチャー、ならびに健全な財務管理の点から評価し、中規模の企業に対し、毎年優れた企業経営クオリティの称号として同賞を与えてきています。COVID-19の影響がまだ残る中、ラベンスバーグにあるVetter社本社にて、ささやかな授賞式が行われました。

過去70年の間に、Vetterは一地方の薬局から、注射製剤の分野におけるグローバル・リーディング企業へと発展いたしました。ファミリー企業である同社は、今日、大手製薬会社から小規模なバイオ企業まで、様々な企業を顧客として、医薬品の受託製造を行っています。これらの医薬品は、癌、多発性硬化症、重度の関節リウマチなどの疾患の治療に使用され、世界中の数百万人の患者のクオリティ・オブ・ライフを高めることに大きく貢献しています。 「私たちのサクセス・ストーリーは、数十年にわたる長期的な企業戦略とプランニングに基づいています」と、アドバイザリー・ボードの会長でオーナー・ファミリーの一員である、ウド・J.・フェッター名誉評議員は述べています。 「この賞は従業員に与えられるべきものです。」

Axia Best Managed Companies Awardの申請プロセスは、非常に厳しい3つの段階に分かれています。産業界、サイエンス、メディアの著名な専門家にて構成された評議会において、十分に納得が得られることが求められます。 「Vetterは、戦略的な先見性と革新性、持続可能な経営カルチャー、堅実な企業経営を併せ持った企業であると言えます。この様な企業経営は、他の中規模企業の素晴らしいロール・モデルであると考えます。」とデロイトの中規模企業プログラムのパートナーであり責任者であるLutz Meyer氏は述べています。

Vetterの企業理念と最優先事項は、顧客ならびにその医薬品を使用する患者のために、高品質の医薬品を製造することにあります。 CDMO(受託開発製造企業)であるVetterでは、製造プロセスの最適化に、常にかつ継続的に取り組むことにより、顧客のベネフィットの最大化を心掛けています。同社は、体系的に実施された戦略的なプロセスであるVetter Excellence 2025、明確な顧客指向、および十分なイノベーション管理を実施していくことで、同賞の主要評価項目に対し、明確なエビデンスを提示することができました。例えば、日常業務に対して定常的に行われている、戦略的イニシアチブ(Vetter 4.0など)により、「未来の工場」における、人と機械が融合した最適なプロセスを設計・模式化・その導入を実践していくことなどが、その一例です。 「デジタル化された医薬品バリューチェーンにおける新しい業務様式」という見出しの下で実行した、Vetterにおける デジタル化プログラムであるPhoenixプログラムで は、電子バッチレコード(eBR)などを、包括的に統合していくことにも取り組んでいます。

Vetterのマネージング・ディレクターであるトーマス・オットーとピーター・ゾルクナーは、「Axia Best Managed Companies Awardの受賞は、弊社の取り組みが正しかったことの証明であると考えています。」 「過去何年もの間、私たちは新しい機会を常に掴んでいく努力を重ねてきました。この受賞は、この様な取り組みを、今後も私たち全員が継続していくことを後押しするものです。」

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/1747/39190/450_308_202005291136385ed07536dcce0.jpg
戦略的ビジョンと革新的なアプローチで会社を管理し続けるインセンティブ:

アドバイザリー・ボードの会長でありオーナー・ファミリーの一員である名誉評議員 ウド・J・フェッター氏(前列右)
マネージング・ディレクター トーマス・オットー氏(前列左)
デロイト社を代表してクリスチャン・ヒンメルバッハ氏(後列左)とマーカス・ザイス氏(後列右)と共にAxia Best Managed Companies Awardのラベンスバーグでの授与式にて

写真提供: Vetter Pharma International GmbH

Find the Vetter press kit and more background information here.
(https://www.vetter-pharma.com/en/press)

Vetter社について

ドイツのラベンスバーグ(Ravensburg)に本社を構えるVetter社は、ドイツならびに米国に製造拠点を構えるグローバルの医薬品受託開発製造企業です。4900人の従業員を擁する同社は、大小を問わず、製薬・バイオ医薬品の顧客企業に対し、長年にわたりサービスの提供を行ってきています。同社の開発サポートは、臨床開発初期段階における治験薬製造からグローバル向け商業生産向けの注射製剤のバイアル・シリンジ・カートリッジへの無菌充填や2次パッケージングを含みます。また同社は、業界のリーダーとして、患者に対する安全性の確保や環境の保護など、様々な面における社会的貢献を持続的に果たしていくことについても、重視した取り組みを行っています。詳しくは;http://www.vetter-pharma.com/
まで
[画像2]https://digitalpr.jp/simg/1747/39190/300_269_202005291134245ed074b021377.jpg



本件に関するお問合わせ先
Vetter Pharma International GmbH
Markus Kirchner
Corporate Spokesperson / Media Relations
Eywiesenstrasse 5
88212 Ravensburg
Germany
Phone: +49 (0)751-3700-3729
E-mail: PRnews@vetter-pharma.com

Vetter Pharma International Japan株式会社
鈴木 宏明
カントリー・マネージャー, ジャパン/ビジネスディベロップメント・ディレクター
Vetter Pharma International Japan K.K.
〒108-6028 港区港南2-15-1 品川インターシティ A棟28F
電話: 03-6717-2740

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告