医療福祉機器・設備に関する専門展示会「HOSPEX Japan」緊急企画 病院・介護施設向けに院内感染対策製品の情報提供を開始

プレスリリース発表元企業:一般社団法人日本能率協会
HOSPEX Japan 緊急企画

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村 正己)は、医療福祉機器・設備に関する専門展示会「HOSPEX Japan」(一般社団法人日本医療福祉設備協会(HEAJ、会長:安原 洋)共催)の緊急企画として「HOSPEX Japan感染対策に関する製品情報サイト」を通じ、病院・介護施設に向け院内感染対策製品の情報を提供します。本サイトの開設期間は5月25日(月)から6月30日(火)までです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/213536/LL_img_213536_1.jpg
HOSPEX Japan 緊急企画

HOSPEX Japan事務局が病院・介護施設に対し実施したアンケート(調査時期4月30日~5月13日、回答数82人)によると、「新型コロナウイルス感染症の対応における問題点」について「個人防護具が安定供給されていない」「普段付き合いのある事業者だけでは対策備品が枯渇しており、新規の事業者の当たり先がない」「感染者が使用した医療資材の処理や食事の下膳、動線の区分けなど、間接的に接触する懸念がある」といった回答があり、対策箇所の強化、複数の備品供給先の確保が喫緊の課題であることが明らかになりました。一方で、余剰設備でマスクやガウンなどを作っているが商流や販路が掴めず医療現場に提供する方法がわからない、という異業種事業者からの問い合わせも展示会事務局に寄せられています。

これらの背景をうけ、本展では病院・介護施設向けの感染対策製品・サービスを一堂に集めたWEBサイト「HOSPEX Japan感染対策に関する製品情報サイト」を新設。展示会に過去来場した病院・介護施設関係者への定期的な掲載情報発信を通じて、病院・介護施設と製品提供事業者の出会いを創出し、安心安全な医療・福祉環境の実現と産業の振興に貢献します。
本サイトは病院・介護施設関係者を対象に公開され、閲覧者は感染対策製品の仕様詳細、納期、ロット、販売方法、製品パンフレットデータ、提供事業者の連絡先などの情報を確認できます。5月25日の初公開時には80社160製品の情報が掲載されます。事務局では引き続き掲載製品を募集し、6月末まで順次本サイトに情報を追加更新していく予定です。掲載希望者は無料で製品情報を掲載することができます。製品情報掲載の申込はHOSPEX Japanの公式ホームページにて受け付けています。


■「HOSPEX Japan感染対策に関する製品情報サイト」概要
http://www.jma.or.jp/hospex/etc/special.html
開設期間 : 2020年5月25日(月)~6月30日(火)
製品情報サイト閲覧方法: https://event.jma.or.jp/hospex_dl_top にて閲覧
製品情報掲載申込方法 : 掲載情報登録URL( https://school.jma.or.jp/s/ZAc4e )より必要情報を登録/掲載無料


■HOSPEX Japanとは
HOSPEX Japan(ホスペックスジャパン)は、医療・福祉施設のための設備・機器の総合展示会です。1975年より毎年開催し、今回で45回目を迎えます。第49回日本医療福祉設備学会との併設展示会です。2020年は以下の通り開催予定です。

会期:2020年11月11日(水)~13日(金)
会場:東京ビッグサイト西展示棟
主催:一般社団法人日本医療福祉設備協会 一般社団法人日本能率協会
公式ホームページ: http://www.jma.or.jp/hospex/index.html


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 日産・キックス(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ぺんてるが販売している「マークシートセット」(画像: ぺんてるの発表資料より)
  • 画像はイメージです。(c) 123rf
  • 車内で抗菌するイメージ。(画像: ジェックの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース