種子コーティング市場規模、2025年には30億米ドルへ、CAGRも8.5%で成長すると予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「種子コーティングの世界市場 ~2025年:ポリマー・着色剤・ペレット・ミネラル/軽石・活性成分」 (MarketsandMarkets) の販売を5月14日より開始いたしました。

種子コーティング市場規模は、2019年に18億米ドルから2025年には30億米ドルに達し、8.5%のCAGRで成長すると予測されています。高品質な種子の需要、害虫や病気からの保護、取り扱い易さ、プランターを介した流動性などの需要が、市場を牽引すると予測されています。

添加剤の種類別では、ポリマーセグメントの成長が著しい

ポリマー、着色剤、ペレット、鉱物・軽石、有効成分などに分類される種子コーティングの添加剤では、ポリマーセグメントが最大の市場シェアを占め、次にペレットと着色剤セグメントが続きます。ポリマーは、種子の栄養価を高めたり、見た目を良くする性質があるため、大規模に使用されています。

作物の種類別では、シリアル・穀物セグメントが市場を支配する

作物の種類別では、シリアル・穀物セグメントが主流であり、油糧種子・豆類、野菜、花と装飾品セグメントがそれに続きます。なかでもシリアル・穀物セグメントは、最も急速に成長しています。コーティングされた種子を使用する傾向は、シリアル、穀物、油糧種子、豆類、野菜などの大規模な生産をしている地域で上昇しており、種子コーティング市場の成長に貢献しています。

有効成分別では、保護剤セグメントがコーティング市場を支配する

有効成分別では、保護剤の成長が大きいと予想されています。土壌害虫や病気の発生率の増加は、この分野の種子コーティング市場の成長を牽引すると予測されます。

北米と欧州地域における種子コーティングの需要が、市場の成長を牽引

北米・欧州地域では、主に食品・飼料産業で使用されるシリアル、穀物、油糧種子、豆類の需要が増加しています。良好な貿易と価格支援制度は、米国における穀物と油糧種子の輸出入を増加させています。種子コーティングの使用はリスクヘッジの手法と考えられており、安全な投資と考えられ、北米市場でのコーティングされた種子の販売増加につながっています。シリアル・穀物、油糧種子・豆類の食品加工産業の主要メーカーは、健康食品に注目し始めている消費者の需要に対応しようとしています。

一方、欧州諸国では、土壌中に非分解性廃棄物が蓄積される化学ベースの種子コーティングに対し、欧州連合(EU)が規制を設けているため、生分解性種子コーティング製品への需要が高まっています。コーティングに対する厳しい規制と原材料のコスト上昇は、製造業者に生産コストの削減を促す要因となっており、種子コーティング材料の最終価格に影響を与えています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama924386-seed-coating-market-by-additive-polymers-colorants.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告