SMSやLINEを活用して葬儀後の挨拶状、故人のアルバムをシェア遺族とお葬式に参列できなかった方のお気持ちに寄り添ったサービス『少し思い出して』開始

プレスリリース発表元企業:有限会社川本葬祭

~デジタル機器操作に不慣れな方でもカンタン操作だから使いやすい!~

葬祭業を営む有限会社川本葬祭(本社:広島県呉市、代表取締役社長:服部聖也、以下川本葬祭 )は、SMS(ショートメッセージ)を活用して、葬儀後の挨拶状や故人を偲ぶページの共有、お悔やみメッセージを受け取ることができる新サービス『少し思い出して』を2020年5月13日(水)より開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/56723/1/resize/d56723-1-816389-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/56723/1/resize/d56723-1-408582-7.jpg ]



『少し思い出して』URL  https://www.sukoshiomoidashite.com/

リンクページにアクセスするだけ!デジタル機器に不慣れな方でも容易に操作できる
近年、故人の年齢の高齢化や核家族化の影響により、葬儀が小規模化する傾向にあります。特に、今は新型コロナウイルス感染予防の観点から、参列者を限定する家族葬(密葬)で執り行う方が増えています。有事とはいえ、故人への最後のお別れができないのは辛いもの。また、葬儀後の報告が挨拶状や喪中はがきだけで届いたとしたら、それも味気なく寂しいものです。遺族の方々からは、「お世話になった方々へお別れをしてもらいたい」「友人、知人に少しでもいいから故人を偲んでいただきたい」、後から訃報を知った方からは「できれば故人ときちんとお別れをしたかった」などというお声を多く聞きます。

川本葬祭は、こうした悩みを解決するべく、葬儀を執り行った家族だけでなく参列できなかった親戚や友人・知人など故人を取り巻くすべての方のお気持ちに寄り添ったサービスを立ち上げることにいたしました。『少し思い出して』は、遺族の方がSMSや LINE、メールを活用して、家族葬(密葬)に出席いただけなかった方々に対し、葬儀が無事終了した連絡を簡単に行うことができます。また、故人の写真をページに掲載し、故人の思い出を共有することも可能。報告を受け取られた方は、SMSに記載されたリンクページより、在りし日の故人を偲ぶのはもちろんのこと、故人への哀悼の気持ちを表すメッセージも作成できます。

本サービスは、遺族側の連絡操作も、報告を受け取られた方もリンクページにアクセスするだけと簡単に行えることが最大の特長。デジタル機器操作に不慣れな方でも、ストレスなくお使いいただけます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/56723/1/resize/d56723-1-476155-6.png ]



【『少し思い出して』について】
家族葬(密葬)にて故人を見送られた遺族の方を対象に、葬儀後の挨拶状や故人を偲ぶオンラインアルバムなどを作成し、SMSを介してお葬式に参列できなかった方にシェアできる新サービス『少し思い出して』を6,000円(税込)にて提供。

<サービス内容>
葬儀終了の挨拶状(告知案内)作成とシェア
遺族の方は葬儀を済ませた後、参列いただけなかった親戚、友人・知人などに対し、SMSやLINE、メールなどを使って、葬儀が無事終了したことをお知らせする「告知案内ページ」を送付可能。オプションで、SMSの配信代行サービス(合計50名様宛に一斉送信)もご利用できます。「告知案内ページ」は50日間掲載。延長して掲載する場合は、別途費用がかかります。また、ご希望がある場合、オプションサービスとして同ページへのQRコード付きの告知礼状印刷を発注できます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/56723/1/resize/d56723-1-442443-2.png ]


故人のオンラインアルバム作成とシェア
遺族の方は故人の思い出の写真を10枚まで「告知案内ページ」に掲載でき、オンラインアルバムをお葬式に参列できなかった親戚、友人・知人と共有することができます。

SMSやLINE、メールで報告を受け取った方は、記載されたリンクより、「告知案内ページ」にアクセスし故人を偲ぶことがきます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/56723/1/resize/d56723-1-831071-4.png ]

お悔やみメッセージ受け取り(※オプションサービス)
オプションサービスとして、遺族は親戚、友人・知人からのメッセージを受け取ることができます。また、故人へ哀悼の気持ちを表すメッセージをまとめた冊子もお作りします。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

財経アクセスランキング

広告