農作物保護用化学薬品の市場規模は2019年583億8,000万米ドル、2020年から2027年までは堅調な成長予測 除草剤が最大の市場シェア

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「農作物保護用化学薬品の市場規模:シェア、動向分析 - 製品(除草剤、殺菌剤、殺虫剤、バイオ農薬)用途、地域、セグメント別予測」(Grand View Research, Inc.発行)の販売を5月12日より開始いたしました。


2019年の世界の農作物保護用化学薬品市場規模は583億8,000万米ドルで、2020年から2027年までのCAGRは3.3%と堅調なペースで拡大すると予想されています。食糧安全保障を確保するために高い作物生産高を重視する動きが、成長を牽引する主な要因です。

非選択性除草剤の使用が増加したことにより、除草剤が製品別で最大のシェアを得ました。殺線虫剤やダニ駆除剤など、他の農作物保護用化学薬品のニーズも新たに増えつつあります。本質的にはニッチな分野ですが、栽培中、そして保管と輸送中における蠕虫、ダニからの作物保護に関する認識は、需要を後押しし、予測期間中に市場成長を牽引すると予想されています。

用途別では、綿花栽培の増加が農薬にプラス影響を与えると予測されています。綿の主生産国であるインド、中国、および米国では、過去10年間に一貫して収穫量と生産量は増加しており、2018から2019年のこれら3か国の綿花生産量は1,326万9千トンでした。

穀物栽培においても、かなりの化学薬品の需要があります。農作物保護用化学薬品の消費量は、2019年に244億7,000万米ドルでした。農地縮小と食用作物の栽培への関心の高まりが、需要の増加を促進しました。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/grvi640014-crop-protection-chemicals-market-size-share-trend.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。




提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告