記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

首相、「観客想定して様々検討」東京五輪・パラ

2020-11-18 09:27:53

 菅義偉総理は16日、バッハIOC(国際オリンピック委員会)会長の表敬を受けて後、記者団に東京オリンピック・パラリンピックでの新型コロナウイルス感染症感染防止対策に関して意見交換した際「観客の参加を想定した様々な検討をしていると説明した」と語った。

 そのうで菅総理は「バッハ会長との間で、安全・安心な大会の実現に向け、今後とも緊密に連携していくことで一致した。極めて有意義なやり取りができた」と述べた。

 また東京オリンピック・パラリンピックに関して、菅総理は「人類がウイルスの戦いに打ち勝った証として、そして、東日本大震災から復興しつつある姿を世界に発信する復興オリンピック・パラリンピックとして、来年の東京大会の開催を実現する決意である旨を伝えた」と述べた。

 これに対して、バッハ会長からは「東京大会は世界全体に資するものであり、東京大会を必ず実現し、成功させる旨の発言があった」と語った。(編集担当:森高龍二)

エコノミックニュース
※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2021 All rights reserved.