記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

GM、キャデラック初の量産EV「リリック」 発表

2020-08-08 14:44:19

キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)

キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)

 米ゼネラル・モーターズ(GM)は6日、キャデラックブランドよりSUVタイプの電気自動車(EV)「LYRIQ(リリック)」を発表した。同ブランド初のEVにして、伝統を引き継いだラグジュアリーなルックスが注目を集めそうだ。

【こちらも】GMとホンダが先進技術コラボレーション! 次世代EVの共同開発で合意

 リリックは、後輪駆動のRWD、2モーター4WDという2つの駆動形式である。GMの第3世代EVプラットフォームより開発した結果、キャデラック初の量産型EVが仕上がった。今回採用したEVプラットフォームは、将来訪れるEVのシェア拡大を見据えた新たな車両の枠組み。メーカーの垣根を越えてグローバルな活躍を目指しており、優秀なパッケージやパフォーマンスの共有に期待がかかる。

 フラットな重量配分や低重心でコントロールしやすいこともリリックの魅力。床面にバッテリーを敷き詰めるなど無駄を省いた設計で、使いやすさを重視している。重厚感あふれるモデルが多かったキャデラックだが、街乗りでもスマートに乗りこなせる一面をリリックが見せてくれそうだ。

 搭載する次世代リチウムイオンバッテリー「アルティウム」は、コバルトなどレアメタルの量を削減。大容量のパウチ型セルでありながら、パックの中へ水平にも垂直にもセットでき、開発の効率性を引き上げている。リリックの航続距離は最大643km以上も期待できるという。0~96km/hの加速は3秒以内となる見込みなど、走行性能にも妥協はなさそうだ。

 150kW超のDC高速充電に対応した充電システムもあり、出張や旅先でも電池残量が足りなくなれば充電できる。アメ車好きのビジネスパーソンにとっては、使いやすくなるだろう。

 リリックが採用したグローバルEVプラットフォームは、アルティウムバッテリーをホンダの新EV2車種にも使う予定。「Honda e」などでEVの実績を作り始めているホンダとの提携により、両メーカーのEV部門の発展に期待がかかる。リリックの正式な発売予定や価格は未定だが、今後の活躍に注目したい1台だ。

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.