記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

HPCシステムズは科学技術研究開発のプラットフォーマーを目指す

2020-07-14 08:48:13

 HPCシステムズ<6597>(東マ)は、科学技術研究開発のプラットフォーマーを目指し、科学技術計算用コンピュータ事業と産業用コンピュータ事業を展開している。20年6月期大幅増益予想である。中期的にも収益拡大を期待したい。株価は6月の高値から一旦反落したが、自律調整を交えながら上値を試す可能性がありそうだ。

■HPC事業とCTO事業を展開

 19年9月東証マザーズに新規上場した。科学技術研究開発のプラットフォーマーを目指し、科学技術計算用高性能コンピュータに関連するシステムインテグレーション事業(HPC事業)と、顧客企業の注文仕様に応じて産業用コンピュータを開発・製造する事業(CTO事業)を展開している。

■20年6月期大幅増益予想

 20年6月期の業績(非連結)予想(5月13日に売上高を下方修正)は、売上高が19年6月期比13.4%減の46億73百万円、営業利益が27.0%増の4億69百万円、経常利益が24.7%増の4億57百万円、純利益が41.1%増の3億09百万円としている。

 第3四半期累計は売上高が39億38百万円、営業利益が4億50百万円だった。競争優位性を活かした成長戦略分野での新規顧客獲得や、好採算案件の獲得で営業増益だった。そして通期予想に対する営業利益進捗率は95.9%と高水準だった。通期ベースでもコストを最小限に抑えて増益を目指すとしている。中期的にも収益拡大を期待したい。

■株価は上値試す

 株価は6月の高値から一旦反落したが、自律調整を交えながら上値を試す可能性がありそうだ。7月13日の終値は2769円、時価総額は約113億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.