記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

新興市場銘柄ダイジェスト:医学生物は急伸、アルーがストップ高

2020-02-27 18:44:07


*18:44JST 新興市場銘柄ダイジェスト:医学生物は急伸、アルーがストップ高
<7043> アルー 774 +100
ストップ高。世界的な人事・組織コンサルティング会社マーサーの日本法人であるマーサージャパンとグローバル人材育成、特に英語・異文化教育ソリューション開発で業務提携の契約を締結したと発表している。アルーのグローバル人材育成ブログラムのうち、「海外派遣研修 グローバルリーダーシッププログラム(GLP)」と「海外派遣型英語研修 ALUGO BOOT CAMP」が対象。

<4557> 医学生物 3800 +200
急伸。新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の検査試薬開発に着手したと発表している。自社とグループ企業が保有する遺伝子検査試薬の開発技術を用いて、汎用機器で測定が可能、かつ検体処理能力の高いリアルタイムPCR試薬を短期間で開発し、供給することが目標。世界的にCOVID-19の感染拡大が続くなか、リアルタイムPCR試薬の需要が高まるとの期待が先行している。

<7865> ピープル 957 +30
大幅に3日ぶり反発。20年1月期の営業利益を従来予想の2.16億円から2.94億円(前期実績4.33億円)に上方修正している。年末商戦は不振だったが、年明け以降の受注が予想以上の伸びとなり、大型屋内遊具類を中心に最終月には全カテゴリーで国内売上が増加し、利益を押し上げる見込み。前日に昨年来安値(908円)を付け、値頃感があることも買いを支えているようだ。

<7774> J・TEC 734 -42
朝高後、マイナス転換。厚生労働省の薬事・食品衛生審議会再生医療等製品・生物由来技術部会で、角膜上皮幹細胞疲弊症の治療を目的とした自家培養角膜上皮「EYE-01M」の製造販売承認が審議され、了承されたと発表している。EYE-01Mは、患者自身の角膜輪部組織から角膜上皮幹細胞を採取してシート状に培養したもの。移植により角膜上皮を再建させることを目的としている。

<7074> 247 1187 +14
大幅に5日ぶり反発。低糖質食品をコンセプトとした新規事業を展開するため、「/7deli事業部(スラッシュセブンデリ事業部)」を新設すると発表している。マンツーマン指導のダイエットジムで培ったノウハウやデータを集約させ、シナジー効果創出を推進する。開発した低糖質食品はダイエットジムの会員に加え、ECを利用して一般の顧客への販売も進める。《ST》

フィスコ

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.