記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

今日の為替市場ポイント:米早期利下げ観測台頭でドル上げ渋りも

2020-02-27 08:38:14


*08:38JST 今日の為替市場ポイント:米早期利下げ観測台頭でドル上げ渋りも
26日のドル・円は東京市場では110円13銭から110円58銭まで反発。欧米市場でドルは110円13銭から110円70銭まで反発したが、110円43銭で取引終了。

本日27日のドル・円は、主に110円台前半で推移か。米早期利下げ観測が台頭しており、新たな円売り材料が提供されない場合、ドル・円は110円台後半で上げ渋る展開が予想される。

26日のニューヨーク市場では、米国で新たな新型肺炎の感染ケースが確認されたことから、ドルの上値は重くなった。NYダウは一時461ドル高まで戻したが、取引終了前に190ドル安まで反落。外為市場ではポジション調整的なドル売りが観測された。米国債券市場では、3月利下げの思惑が広がっており、2年債利回りは一時1.133%近辺まで低下した。

市場関係者の間からは「3月利下げの確率は前日からやや上昇しており、債券市場は年内2回程度の利下げを想定しつつある」との声が聞かれている。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、市場ベースの米政策金利見通しは引き下げられており、米国内での感染拡大が確認された場合、政策金利は年末までに1ポイント程度(0.50%-0.75%)引き下げられてもおかしくないとの見方も出ているようだ。《CS》

フィスコ

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.