記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

ジーニーがGoogle提供の「AdMob」を活用したアプリメディア収益化支援サービスを開始

2020-02-13 11:53:26

ジーニー<6562>(東マ)は、Googleが提供するアプリ向け広告マネタイズプラットフォーム「AdMob」を活用したアプリメディア収益化支援サービスを開始したと発表した。

ジーニー<6562>(東マ)は、Googleが提供するアプリ向け広告マネタイズプラットフォーム「AdMob」を活用したアプリメディア収益化支援サービスを開始したと発表した。

■更にディベロッパーの状況に応じたプラットフォーム選定と収益化支援が可能

 ジーニー<6562>(東マ)は、Googleが提供するアプリ向け広告マネタイズプラットフォーム「AdMob」を活用したアプリメディア収益化支援サービスを開始したと発表した。

 ジーニーでは、媒体社やアプリ内のユーザー行動に応じた最適な広告フォーマットの設計、メディアの状況に応じた最適な収益化プラットフォームの選定、広告SDKの導入サポート、広告配信開始後の収益最大化運用を実施し、アプリディベロッパーの収益最大化に貢献してきた。

 また、「Google Ad Manager」を活用したディベロッパー向けの広告コンサルティング事業も行っている。

 この度、「AdMob」を活用した収益化支援サービスの提供を開始したことで、更にディベロッパーの状況に応じたプラットフォーム選定と収益化支援が可能になる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.