記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

前日に動いた銘柄 part1 ジューテック、カワタ、UMCエレなど

2019-10-22 07:15:00


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 ジューテック、カワタ、UMCエレなど
銘柄名<コード>⇒21日終値⇒前日比
ソレイジア<4597> 151 +1
口腔創傷被覆保護材「エピシル」が韓国承認取得。

ZOZO<3092> 2522 -3
Uアローズ<7606>が通販サイト運営を再委託と伝わり一時上げ幅拡大。

日伝<9902> 2064 -68
通期営業益を下方修正、増益予想から一転して減益見込む。

ジューテック<3157> 1305 +300
上期営業利益を上方修正、減益から一転して増益見込みへ。

カワタ<6292> 1124 +150
全固体電池関連として短期資金の関心向かう。

UMCエレ<6615> 501 +80
400円レベルでの下げ止まり感から自律反発。

キャリアインデックス<6538> 545 +80
引き続きリブセンスからの事業譲受を材料視。

東京産業<8070> 570 +45
業績上振れ期待などを手掛かりに上値追いか。

TATERU<1435> 205 +9
目立った材料もなくショートカバーが優勢か。

高砂熱学工業<1969> 1918 +66
上半期業績予想並びに受注高の上方修正を発表。

マルマエ<6264> 1036 +47
先週末には東海東京証券が投資判断を格上げ。

ミサワ<3169> 791 -18
前週末にかけての大幅高から過熱警戒感も。

スノーピーク<7816> 1110 -86
第三者割当による新株予約権発行で潜在的希薄化を嫌気。

アプラスフィナンシャル<8589> 93 -5
100円超レベルでは上ヒゲが目立つ格好で。

曙ブレーキ工業<7238> 214 -11
東証が上場維持を発表も出尽くし感優勢か。

KOA<6999> 1356 -51
第2四半期決算下振れで第3四半期も回復緩慢見通し。

サニックス<4651> 368 -13
25日線割れで見切り売りなども優勢に。

インターアクション<7725> 1887 -72
決算発表後の出尽くし感優勢の流れ続く。

シスメックス<6869> 6780 -244
目立った悪材料見当たらず戻りの鈍さなど嫌気か。

竹内製作所<6432> 1672 -35
足元の業績懸念から上値は重く。《FA》

フィスコ

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.