記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

排便するとAIが画像処理するトイレ、「形」と「大きさ」を国際指標で自動判定

2019-10-18 09:08:37

 LIXILが排便管理機能を備えた便座を開発しているという(INTERNET Watch)。

 家電関連の展示会であるCEATEC JAPAN 2019で参考出展されたもので、排便するとその映像をカメラで撮影してAIで画像処理し、形や大きさを判定して記録する。高齢者施設での利用を想定しており、これによって入居者の排便状況を手軽に管理できるという。

スラド
※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.