記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

エボラ出血熱で緊急事態宣言と伝わり日本アビオニクスやアゼアスが急伸

2019-07-18 11:45:36

■日本エアーテックも急動意となり抗血清製剤のアンジェスなども注目される

 赤外線サーモグラフィカメラなどの日本アビオニクス<6946>(東2)は7月18日、一時ストップ高の1478円(300円高)まで上げ、化学防護服などのアゼアス<3161>(東2)も一時15%高の578円(75円高)と急伸した。エボラ出血熱について、「コンゴのエボラ流行で緊急事態宣言=WHO、死者1600人超に」(時事通信ドットコム7月18日06時42分)と伝えられ、連想買いが殺到した。

 日本エアーテック<6291>(東1)も一時12%高の645円(68円高)となり、バイオ研究室向けクリーンルームなどが連想されている。過去にエボラ出血熱の流行を受けて動意づいた銘柄としては、抗血清製剤の開発に取り組んでいるアンジェス<4563>(東マ)、海外渡航者向けサービスの日本エマージェンシーアシスタンス<6063>(JQS)なども注目されたことがあるという。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.