記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

AIでドラマのダイジェスト版を自動生成するシステム開発、博報堂と理科大

2019-07-09 07:09:28

ダイジェスト動画自動生成システムの概要(博報堂DYメディアパートナーズ発表資料より)

ダイジェスト動画自動生成システムの概要(博報堂DYメディアパートナーズ発表資料より)

 博報堂DYメディアパートナーズと東京理科大学は8日、AIを活用してテレビドラマのダイジェスト版を自動生成するシステムのβ版を、共同で開発したことを発表した。

【こちらも】博報堂DYとEAGLYSが提携、AIと秘密計算で生活者データの活用目指す

 今回開発したシステムは、両者が共同で進めているAIを活用した次世代型メディア・コンテンツの第2弾。ドラマ出演者の発話やテロップといったメタデータを自然言語処理し、各シーンの重要度をAIで自動判定。その上で、指定の長さの範囲で切り出してダイジェスト版を生成する。ダイジェスト作成の基となるメタデータの解析スキームは、エム・データの協力を得て構築するとともに、実際のデータ取得もエム・データが担当している。

 今後の5Gの商用サービス開始で動画コンテンツの配信が急増することが予測されている。そのような中でドラマの視聴率確保には、ドラマダイジェスト版でのプロモーションが重要になると考えられている。今回のシステムにより、ドラマ全体を効率的にダイジェスト化できるだけでなく、出演者ごとにダイジェスト編集して、視聴者のメディア接触行動を誘発することが期待できるとしている。

 本システムは、7月9日より始まるテレビドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の番組ダイジェスト動画作成で試験運用される。ダイジェスト動画は、「AIドラマダイジェスト”ドラジェ“」として主要出演者ごとに作成され、公式サイトなどを通して配信される。試験運用は、TBSテレビの協力で行われる。

 今後は、ドキュメンタリやニュース素材などの取材テープについても、一次編集の自動化などにも対応できるようバージョンアップしていくという。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.