記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

保育園・幼稚園向け業務管理「コドモン」、4年で導入施設3400を突破

2019-07-04 12:22:31

「コドモン」の画面イメージ。(画像:コドモン発表資料より)

「コドモン」の画面イメージ。(画像:コドモン発表資料より)

 コドモン(東京都港区)が提供する保育園、幼稚園などの子ども施設向けシステム「コドモン」がリリース4周年を迎えた。2015年の正式リリース以来、導入施設は6月までに3,454となり、全国の学童を含む子ども施設の10%に導入されているという。

【こちらも】「保育士続けたい」6割も急務の働き方改革 仕事と生活両立重視

 保育園や幼稚園で働く保育士や教師の業務は多忙だ。指導案の作成や連絡帳の記帳などのデスクワークも多い。人手不足ということもあり、業務の効率化や負担の軽減は急務となっている。

 そうした中、ITによって業務の効率化を図ろうという動きもあり、「コドモン」もその一つだ。タブレット端末で指導案や日誌の作成、園児台帳の記帳といった日常業務のほか、登降園管理、保育料の計算、勤怠管理などの事務処理を行うことができる。また連絡帳をデジタル化することで、写真や動画で園の様子を伝えることができ、緊急連絡にも即座に対応できるため、保護者との円滑なコミュニケーションも図れるという。

 コドモンは、現場の声を聞きながら100件以上の改善を重ねてきたという。シンプルで直感的に使えるユーザーインターフェイスにより、保育の合間に事務作業ができるように工夫されている。AIを利用した保育士の自動シフト作成機能や、ベビーセンサーなどのIoTデバイスとの連携といったソリューションも提供している。

 今年4月に島根県の施設で導入されたことにより、全都道府県での導入も達成。11の自治体が公立保育園での導入も決めている。基本利用料金は、園児や職員数にかかわらず1事業所あたり月5,000円となっている。

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.