記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

稲垣吾郎、妻役・蒼井優の結婚を祝福「山ちゃんも作品見て」

2019-06-10 18:49:52

映画『海獣の子供』の初日舞台挨拶が6月7日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、芦田愛菜、石橋陽彩、浦上晟周、稲垣吾郎、渡辺歩監督が登壇した。写真:稲垣吾郎

映画『海獣の子供』の初日舞台挨拶が6月7日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、芦田愛菜、石橋陽彩、浦上晟周、稲垣吾郎、渡辺歩監督が登壇した。写真:稲垣吾郎

 映画『海獣の子供』の初日舞台挨拶が6月7日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、芦田愛菜、石橋陽彩、浦上晟周、稲垣吾郎、渡辺歩監督が登壇した。

 ・映画『海獣の子供』初日舞台挨拶 その他の写真

 初日迎えた感想を、芦田は「いよいよ本日からたくさんの人にこの作品を見ていただけるのかと思うと、とても嬉しいです。私が演じる琉花と、海(石橋)が水族館で出会うシーンが好きなのですが、久石(譲)さんの音楽がとても素敵で、何かが始まる期待・高揚感をぜひ味わっていただきたいです。一つひとつ立ち止まりながら向き合って、こだわりを持って演じました。この作品は生命の誕生や起源、神秘が描かれていて、明確な答えのない作品だと思います。体全体で感じて、感じたことを大切にしていただけたら嬉しいです」と笑顔でコメントした。

 監督は「すべてのキャラクターに対して、これ以上ないほどぴったりの方に演じていただくことができ、本当に嬉しいです。役のイメージでキャスティングしましたが、琉花、海、空(浦上)の3人はたまたまキャラクターと同じ年代で、ブースに入ってアフレコをしていると、なんてもろくて儚いものを持っているんだろうと胸を打たれました。この瞬間を、一言一言のセリフに込めて映画に記録していくしかないと思いました。稲垣さんは包容力を含めてキャラクターにイメージが重なったので、画のタッチも寄せて描きました(笑)。海から来た少年2人が、琉花に何を語り、琉花は小さな体全身で何を受け止めたのか、本日公開を迎えてこの映画は皆さんのものになりますので、ぜひ一人ひとりメッセージを受け取って、持ち帰っていただきたいです」と語った。

 また、本作のテーマの一つでもある“家族”について聞かれ、稲垣は「家族にはそれぞれの形があって、何が正解という風には比べられないものだと思います。(自身が演じる)正明の家族も別居していたり事情を抱えたりしながらも、物語が進むにつれて、家族が再生していく姿も描かれます。この3人の家族は、ずっと絆を持って歩んでいくと思います」と笑顔で答えた。

 続けて稲垣は「家族といえば、作品の中では妻(琉花の母)役を先日ご結婚された蒼井優さんが演じていらっしゃいます。映画の中で蒼井さんとは夫婦の疑似体験をしていたので(笑)、ニュースを聞いた時は驚きました。山ちゃん(蒼井優の夫・山里亮太)大好きですし、とてもお似合いだと思いますし、会見を見て山ちゃんかっこいいと思いました。おめでとうと伝えたいです。お2人の末長い幸せを願っています。ぜひ山ちゃんにもこの作品を見て欲しいですね!」と祝福した。

ムビコレ

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.