記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

JR西日本と瀬戸内海汽船による「観光型高速クルーザー」20年夏導入

2019-05-18 21:47:58

 JR西日本は、瀬戸内海汽船とともに「観光型高速クルーザー」を開発・導入。2020年夏を目途に運行する。

 JR西日本と瀬戸内海汽船は共同で展開してきた、とびしまエリアの人気の島をめぐる「せとうち島たびクルーズ」が、オリンピックを目の前にして生まれ変わる。「せとうち島たびクルーズ」は、史跡や古い家並みが多く残る大崎下島・御手洗エリアや、うさぎの島として話題の大久野島などに立ち寄り観光ができ、船内では海上からの風景をたのしめ、さらにはお土産も購入できるとあり、老若男女問わず楽しめる観光コンテンツとして親しまれてきた。

 「観光型高速クルーザー」は、そんな「せとうち島たびクルーズ」をより魅力的に、パワーアップさせた新たな企画。瀬戸内の多島美をぜいたくに楽しめる、スーパーヨット型のデッキを備えた観光型クルーザーを導入予定だ。また、鉄道と船舶を組み合わせた新たな観光周遊ルートを構築し、これまでより多くの人々にとって瀬戸内が一大周遊エリアになることを目指す。

【詳細】
観光型高速クルーザー
運行開始時期:2020年夏
運行エリア:とびしま海道エリア~しまなみ海道エリア

ファッションプレス
※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.