記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

フェローテック、韓国での半導体関連事業から撤退 司法判断に懸念

2019-04-19 22:34:44

KAMUI曰く、 半導体製造装置の真空シールなどを扱うフェローテックホールディングスが「昨今の韓国における日系企業に対する司法判断などに鑑みると、司法の独立性が完全に担保されない懸念がある」と明言して、韓国で進めていたCVD-SiC炉の開発・製造などの事業から撤退することを明らかにした(同社のニュースリリース)。

 2016年、同社は外資の誘致に優遇政策を取っている忠清南道の唐津市に子会社を設立。新型CVD炉の開発・製造体制の構築を進めていたが、今年になって競合企業から「自社の機密を盗用した」として子会社と社員などが訴えられていた。なお、設立した子会社については2018年12月期までの時点でほぼ利益を出しておらず、完全持ち出し状態だったようだ。

スラド
※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2020 All rights reserved.