記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

オランダの医師、自身の精子をドナーからと偽り体外受精 DNA鑑定で発覚

2019-04-19 11:57:23

 オランダで不妊治療を手がけていた医師が、体外受精の際に提供されたドナーの精子ではなく自身の精子を使っていたことが判明、波紋を呼んでいる(日テレNEWS24BBC)。

 この医師は2017年に亡くなっているが、この「精子のすり替え」によって少なくとも49人の子供が生まれているという。生まれた子供の親が、瞳の色がドナーと異なっていたり、外見がこの医師に似ていることから疑惑が浮上、DNA鑑定が行われて確定したようだ。

 nemui4 曰く、

 これはコワイ実話マッドドクター。この手の治療を受ける場合、検査可能な段階で早めに遺伝子検査しないと安心でき無さそう。罪なき子供らに幸多からんことを祈るのみ。

スラド
※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.