記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

ミスター・ジェントルマン、2019年秋冬コレクション発表

2019-03-26 12:00:30

 ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)は、2019-20年秋冬コレクションを、2019年3月22日(金)に渋谷ヒカリエで発表した。

■新たなバランス感の“スタンダード”
 今季は、ミスタージェントルマンの得意とするトラッドベースを変化させ、ブランドのコンセプトである“新たなバランス感を持ったスタンダード”を提案する。

■正統派アウターがパーツに
 ランウェイ上に登場したアイテムは、ダッフルコート、ライダースジャケット、スタジアムジャンパーといった、オーセンティックなアウターの数々だ。ただし、それらはいずれもパーツに分割された状態で登場した。ストールのようにして肩からかけたり、スリーブの上からハンドウォーマーとして装着したり、はたまたオーバーオールのパーツに半身のテーラードジャケットがドッキングされていたり……。

 いずれも、ごく自然にスタイリングに馴染み、まるで服の一部であるかのような顔をしているのが印象的。それは、パーツだけになっても均整の取れた造形を保てる程の、カッティングの美しさに裏打ちされるものであろう。まさに、新しいバランス感でありながらもスタンダードであると実感させるような説得力を持っている。

■“第2のアウター”
 ダウンジャケットやトレンチコート、マウンテンパーカ、MA-1は極めて短い丈にカットされ、コンパクトなフォルムに。ロング丈のウールコートやトレンチコートの上から着用し、最も外側に着ることのできる“第2のアウター”として提示した。

■ダイナミックな切り替え
 ダイナミックで直線的な切り替えも特徴的。パイソンパターンとボア、ファーと滑らかなウール地、起毛感のあるウールとコーデュロイ、ヘリンボーンとガンクラブチェックなどを丁度左右で二等分するかのように切り替えたアウターが展開された。

■フラグメント デザイン、アウトドア プロダクツなどとタッグ
 また、フラグメント デザイン(fragment design)の藤原ヒロシが「MISTERGENTLEMAN & the ADOPTED SON」として参加。ブラックスキニーパンツに組み合わせたシンプルなMA-1ジャケットのアームにはフラグメントのシンボルがあしらわれ、バックには象徴的なロゴ刺繍が施された。また、アウトドア プロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)とコラボレーションしたキルティングバッグも登場。カモフラージュ、ガンクラブチェック、馬のプリントなど、ウェアと連動したプリントが施されている。

 4シーズン目となるサキアスとのコラボレーションシューズは、パイソン柄を組み合わせたエプロンフロントダービーや、ジョージブーツがラインナップ。オルフィック(ORPHIC)とタッグを組んだ、ミスタージェントルマンオリジナルデザインのブーツは、スニーカーソールとウエスタンブーツをハイブリッドしたユニークなデザインに仕上げられている。

ファッションプレス
※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.