記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

安田顕、カラオケで「アナ雪」熱唱する尾野真千子のマイク持ちに!?

2019-03-20 22:24:42

尾野真千子と安田顕が3月19日にスパイラルホールで行われた『連続ドラマW 絶叫』完成披露試写会&舞台挨拶に出席した。写真:尾野真千子と安田顕

尾野真千子と安田顕が3月19日にスパイラルホールで行われた『連続ドラマW 絶叫』完成披露試写会&舞台挨拶に出席した。写真:尾野真千子と安田顕

 尾野真千子と安田顕が3月19日にスパイラルホールで行われた『連続ドラマW 絶叫』完成披露試写会&舞台挨拶に出席した。

 ・[動画]大泉洋と尾野真千子らの掛け合いに観客大爆笑/『探偵はBARにいる2』

 普通のOLとして過ごしていた鈴木陽子(尾野)は、父親の失踪を皮切りに次々と不幸のドン底に突き落とされる。そんな彼女に救いの手を差し伸べたのはNPO法人の代表をつとめる神代武(安田)。だが彼は悪徳ビジネスを行う得体の知れない思考をもつ男だった。陽子は生き残るために保険金殺人に手を染めていく。

 尾野は、不幸に陥っていく役柄とはうってかわって「こんにちは!」と明るく挨拶。安田も「これから第1話を見るということですが、私はほとんど出てません」と会場を笑いに包んでいく。オファーをもらったときの感想を聞かれると尾野は「文字を読むのがつらくなった。でも何かがあると信じることで、この役をやりたいと思うようになった」と心の内を告白するが、安田はあっさりと「お話をいただいて、『ありがとうございます』ということでやらせていただきました」と淡々と出演を決めたことを明かす。

 演じるにあたり苦労した点を聞かれた尾野は「そんなにない(笑)」とあっさり。「スタートって言われたら陽子だし、カットって声がかかったら真千子やし」と笑顔を見せた。安田も「現場では周りに気を使う普通の真千子ちゃんなんだけど、『よーい』の言葉でパッと切り替わる。それは見ていてスゴいなぁと思いました」と尾野の演技を絶賛した。

 撮影現場での様子について安田は「僕は撮影中のことは覚えていないんですが、打ち上げのカラオケが楽しかった」とコメントして笑いと誘うと、「尾野さんが歌う『アナ雪』のレディゴー。上手いんだ」と熱弁。さすがに尾野は「いま言うたらあかんやん。恥ずかしいやん」と照れ笑いを浮かべるが、さらに安田は「尾野さんはマイクを自分で持たないんです。だから僕が代わりにマイクを持って口のほうに向ける。動きに合わせて僕も動いていくんですよ」と撮影現場ではなくカラオケ現場での苦労を明かす。尾野は「今回が初めてやったからね。ちょっとまだまだやったよね」と上から目線で反省を促すと、安田も大人しく「すみません」と謝罪。終始笑いの絶えないサスペンスドラマの舞台挨拶になった。

 『連続ドラマW 絶叫』は3月24日よりWOWOWプライムにて放送スタートとなる。

ムビコレ

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.