記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

【銘柄フラッシュ】カルナバイオSなど急伸しクボテックとショクブンは再び一緒に急伸

2019-03-15 06:59:21

 3月14日は、クボテック<7709>(東1)が前引け間際から動意を強め、後場寄り後に急伸してストップ高の80円高(22.8%高、431円)となり、東証1部の値上がり率トップ。2月下旬に今3月期の業績見通しを増額修正し、業績への期待が強い上、松尾電機<6969>(東2)が13日に発表した回路保護素子の新製品開発からの連想買いが入ったとの見方や、1月中下旬に2.5倍に急騰した際にショクブン<9969>(東2)も同時並行的に急伸した事を挙げて腕に自信のある資金集団が再び値幅取りに打って出たとの憶測も。

 サニックス<4651>(東1)は13時に苫小牧発電所の再開を発表して一段高となり12.1%高。

 ワイヤレスゲート<9419>(東1)は個人のスマートフォンなどのモバイル端末向けセキュリティアプリが注目されて一時ストップ高の80円高(20.0%高、479円)となり大引けは10.0%高。

 IMAGICAGROUP(イマジカグループ)<6879>(東1)は8.5%高となり、自動車の衝突防止用高速度カメラを発表してから動意を強めているところに、伊藤蘭さんの歌手復帰も材料視されたようで3日続伸。

 松尾電機<6969>(東2)は朝から買い気配のままストップ高の80円高(21.3%高)に張り付き、大引で売買成立。13日付で回路保護素子の新製品開発と、今後の事業展開などを発表。同社株は、時価総額不足により上場廃止基準に抵触しているため、打開策への期待が。ショクブン<9969>(東2)は後場一段高となり18.1%高。1月中下旬、上記・クボテック(7709)と同時並行的に急騰したことがあり、クボテックの値動きをみて思惑買いが増加したとの見方も。

 レアジョブ<6096>(東マ)は15.7%高となり、今回の上げ相場は、2月中旬の四半期決算発表と業績予想の引き上げを機に上値を追いはじめており、この上げ相場の第2波が始まったとの見方。

 カルナバイオサイエンス<4572>(JQG)は中国での特許取得が注目されて一時ストップ高の300円高(26.9%高、1300円)となり大引けも16.7%高。Eストアー<4304>(JQS)は9.4%高と大きく出直り、発行株数の8.14%に相当する自社株買いを8日に立会外取引で実施した効果が出てきたとの見方だった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.