記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

「サクラチルバー」南青山で、佐賀の日本酒&苺と楽しむ"インドア花見"

2019-02-16 12:37:26

 「サクラチルバー(SAKURA CHILL BAR) by 佐賀」が、東京・南青山のIKIBA in commune2ndにて、2019年3月22日(金)から31日(日)まで開催される。

■「サクラチルバー by 佐賀」とは
 「サクラチルバー by 佐賀」は、花びらが舞い散る空間で"体験型インドア花見"を楽しみながら、佐賀県の日本酒「佐賀ん酒」や名産品のおつまみを味わうことができる期間限定のコンセプトバー。2018年3月に表参道で開催された時は、連日1時間半待ちの列ができるほどの人気を博した。

■120万枚の花びらを敷き詰めた「桜プール」
 目玉となるのは、室内に設置した大きな桜の木と、120万枚の花びらを敷き詰めた「桜プール」。天候や寒さに影響されることなく、"体験型インドア花見"を満喫することができる。

■佐賀の日本酒を飲み比べ
 提供されるメニューは、佐賀の日本酒23銘柄から3種を飲み比べでき、佐賀の名産おつまみ5種盛り合わせもセットになった「サクラチルSET」。さらに2019年は、さがほのか以来20年ぶりとなる佐賀のいちご新ブランド「いちごさん」をメニューに加えた「いちごさんSET」も用意する。

 日本酒は、佐賀の23蔵元から1銘柄ずつが登場予定。桜の品種に見立てた4種の味わい「シダレザクラ(スウィート)」「ヤマザクラ(ドライ)」「ソメイヨシノ(フレッシュ)」「ヤエザクラ(リッチ)」から好みの3種の味わいを選ぶと、スタッフがおすすめの3銘柄をセレクトして提供してくれる仕組みだ。お目当ての日本酒がある人は、銘柄を指定して注文することもできる。

 また、新しい試みとして、佐賀ん酒やおつまみを購入できるお土産コーナーも新設される。

【詳細】「サクラチルバー by 佐賀」開催日:2019年3月22日(金)〜31日(日)営業時間:平日15:30〜21:45/土・日11:00〜21:45 ※最終入店時間21:15場所:IKIBA in commune2nd(東京都港区南青山5-1-25)メニュー:・サクラチルSET(佐賀ん酒三種飲み比べ+佐賀の名産おつまみ) 1,000円(税込)・いちごさんSET(佐賀ん酒三種飲み比べ+佐賀の名産おつまみ+いちごさん3個) 1,530円(税込)入場:先着順で受付。混雑した際には店の前に並んで待つ場合がある。メニューの注文後、整理券順に桜プールに入ることができる。注意事項:・20歳未満のみでの入店は不可。・桜プールへはサクラチルバーメニューを注文した人のみ入ることができる。■提供銘柄(予定)期間中23銘柄を前半/後半の2回に分けて提供。前半3月22日(金)〜26日(火)に12銘柄、後半27日(水)〜31日(日)に11銘柄を提供。・前半:東鶴酒造「東鶴 特別純米酒」/窓乃梅酒造「特別純米 窓乃梅」/天吹酒造「天吹 純米吟醸 壽限無 生」/基山商店「基峰鶴Velvet」/大和酒造「大和 春の海 純米吟醸 生」/光武酒造場「手造り純米酒 光武」/瀬頭酒造「純米大吟醸 褒紋東長」/矢野酒造「肥前蔵心 特別純米 超辛口 生原酒」/鳴滝酒造「聚楽太閤 純米スパークリング」/馬場酒造場「能古見 純米吟醸 あらばしり」/松浦一酒造「大吟醸 松浦一」/樋渡酒造場「純米酒 万里長」・後半:峰松酒造場「肥前浜宿 純米吟醸 無濾過原酒」/宗政酒造「はなmunemasa 純米吟醸 -15」/天山酒造「七田純米 おりがらみ」/古伊万里酒造「古伊万里 前 純米吟醸」/富久千代酒造「鍋島 Bloossoms Moon」/幸姫酒造「純米吟醸 幸姫 DEAR MY PRINCESS」/松尾酒造場「宮の松 純米吟醸」/五町田酒造「東一 山田錦純米吟醸」/小松酒造「万齢 純米吟醸 希」/井手酒造「特別純米 うれしの地酒 古湯」/小柳酒造「高砂金漿純米吟醸酒」※提供銘柄は急遽予告なく変更になる場合がある。

ファッションプレス
※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.