記事を印刷する | ウィンドウを閉じる

iPhoneの買い換えサイクル、長期化傾向に

2019-02-13 23:25:04

 かつては2年ほどで携帯電話を買い換えるのが一般的だったが、最近ではiPhoneを4年以上使い続けるユーザーが増えているという(Engadget日本版FORTUNE)。

 アナリストによると、2018年度では平均3年の間隔でiPhoneが買い替えられていたが、2019年度にはこれが平均4年に伸びると予測されるそうだ。これによってiPhoneの販売数が減少するとも見られている。そのため、Appleは小売店に「保証が切れたiPhone」を使用しているユーザーに買い替えを進めるよう指示しているという話も出ている(Engadget日本版の別記事)。

スラド
※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

© Copyright Zaikei Shimubun 2019 All rights reserved.